WordPressの投稿時にTwitterにつぶやいてくれるプラグイン『wp to twitter』OAuth認証対応

Twitter アプリケーションが「OAuth」認証になった
での記事の通りTwitterアプリケーションの認証方式が変わってしまったため、プラグインの変更です。

今度のプラグインは『wp to twitter』を使いました。

管理画面の『プラグイン』→『新規追加』で『wp to twitter』を検索。インストールします。

2010910595

『設定』のところに『WP → Twitter』ができますのでここをクリックしセットアップします。

2010910597

1. Register this site as an application on Twitter’s application registration page
の青いリンクをクリックして、まずはTwitterの設定をします。

————————————————————————

Twitter Developerが開きます。

ログインしていない場合は使用するTwitterでログインしてください。

 2010910598

【アプリケーション名】:自分で決めることができます。Twitterには”○○から”と表示されますのでちょっとは考えて付けましょう。

【アプリケーションの説明】:自分で決めることができます。
【アプリケーションのウェブサイトURL】:使用するサイトのURLです。
【所属/団体】:自分で決めることができます。
【アプリケーションの種類】:”ブラウザアプリケーション”にチェックを入れます。
【コールバックURL】:アプリケーションのウェブサイトURLと同じURLを入れます。
【Default Access type】:”Read & Write”にチェックを入れます。
【アプリケーションのアイコン】:自分で決めることができます。

『アプリケーションを登録する』をクリックします。

2010910603 

『I Accept』をクリックします。

2010910607

keyが発行されます。

——————————————————————–

『wp to twitter』にkeyを入力します。

2010910606

”Twitter Consumer Key”にtwitterの”Consumer Key”を
”Twitter Consumer Secret”にtwitterの”Consumer Secret”を入力。

”Access Token”にtwitterの”Access Token(oauth_token)”を
”Access Token Secret”にtwitterの”Access Token Secret(oauth_token_secret)を入力。
これはtwitterの右『My Access Token』ボタンをクリックし別画面にて確認できます。

2010910609

入力が終わったら『Connect to twitter』をクリックします。

これでtwitterにツイートできるようになります。

Basic Settingsの”Choose your short URL service (account settings below)”にてショートURLを『Don’t shorten URLs.』にしておかないとエラーが出ます。

ショートURLのサービスを登録しセットするか、使わない場合は『Don’t shorten URLs.』にしてください。


コメントを残す