MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その1)

MacでWindows8

Windows8がきた
ということでさっそくMacBook AirのBootCampにインストールです。

用意したものは、Windows 8 Pro 64-bit DSP と8Gb のUSBメモリです。

Windows 8 Pro 64-bit DSP USBメモリ

今回はUSBからのインストールとなります。

———————————————————————————–

1.Windows8のisoイメージを作る

 

まずは『ディスクユーティリティ』を使ってWindows8のisoイメージの作成です。

『アプリケーション』 → 『ディスクユーティリティ』

ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティ

DVDを選択し『新規イメージ』をクリック

DVDを選択し『新規イメージ』をクリック

場所はデスクトップにしイメージフォーマットを『DVD/CD マスター』にします。

デスクトップにできたイメージ

デスクトップにできたイメージの拡張子を『cdr』から『iso』に変更。

—————————————————————————

2.Windows サポートソフトウェアをダウンロード

 

いつもはインストールディスクを作成時に一緒にやるのですが、今回はうまくいかなかったので、『インストールディスク作成』、『サポートソフトウェアのパッケージ』、『Windows 7 を削除(すでにBootCampにてWindows7をインストールしている場合)』を別々に行いました。

『アプリケーション』 → 『Boot Camp アシスタント』を開きます。

Boot Camp アシスタント

Boot Camp アシスタント

『続ける』をクリック

最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード

『最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

外部ドライブに保存

『外部ドライブに保存』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

『デスクトップ』あたりに保存

『デスクトップ』あたりに保存しましょう。

————————————————————————–

3.Windows 8 インストールディスクを作成

 

USBメモリに Windows 8 のインストールディスクを作成します。

Boot Camp アシスタントの『Windows 7 インストールディスクを作成』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

Windows 7 インストールディスクを作成

Windows 7 インストールディスクを作成

デスクトップのisoイメージを選択し『続ける』をクリック。

20分ぐらいで作成できます。

—————————————————————————

4.Windows 7 を削除

 

Windows 7 をすでに BootCamp にてインストールしている場合に行います。
新規の場合は『Windows 7 をインストール』になっていると思います。

Windows 7 を削除

————————————————————————–

5.Windows 8 をインストール

ではいよいよ Windows 8 のインストールです。

Windows 8 をインストール

『Windows 8 をインストール』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

パーティションを作成になりますので Windows 8 をインストールするパーティションの容量を決めます。

パーティションを作成

自分の場合、Macと同じくらい使用頻度があると思いますので、 『均等に分割』をクリックし半分にしています。

『インストール』をクリックで Windows 8 のセットアップが始まります。

Windows 8 のセットアップが始まり

ちょっと長くなってしまいましたので『Windows 8』のセットアップは次回で

—————————————————————————


コメントを残す