フリーでRAMディスクを使える『BUFFALO RAMDISK』

以前
OSで認識できなかった搭載メモリをRAMディスクとして使える『RamPhantom3』
でも紹介しましたが、パソコンのスピードアップ、SSDの書き込みを抑え寿命の延長に役に立つ方法として、RAMディスクの導入があります。

なんとBUFFALOではこのRAMDISKソフトが無料でダウンロードできます。

まずはRAMDISKの効果をここで見ることができます。

ダウンロードはこちら

RAMDISK内のデータもバックアップでき32bit版だけですがWindows7にも対応しています。

20091225471

メモリ領域の設定もできるほかIE、Firefoxのキャッシュも設定できます。

こんなソフトがフリーだなんてBUFFALOもやるもんです。
きっと背景にはSSDの販促なんかのもくろみもあるんでしょうけど・・・。

もともとRAMDISKはパソコンのスピードアップ、32bitのOSで認識できないメモリ領域の利用のために利用されてきましたが最近ではSSDのプチフリ対策や寿命の延長でも使われています。

64bit版Windowsで利用したいなら有料になってしまいますがこちらをどうぞ!

icon

RamPhantom7(64bit)です。

・画像ソフトの仮想ディスクとして、
・IE、Firefoxなどのキャッシュ保存場所として、
・ソフト自体をインストールして高速化、
・SSDの寿命の延長、プチフリ対策に!
・TEMPファイルの一時的なファイルの領域に。

64bit環境でもRAMディスクの活用は有効ですよ!


コメントを残す