WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【準備編】

WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【概要編】
の続きです。

Windows7のアップグレードで気をつけなければいけないのは使ってあるアプリケーションソフトが引き続き使えるかどうかになります。

これは『Windows 7 Upgrade Advisor』で調べることができます。

Windows7アップグレードを買ってしまう前にやっておきたいこと(その2)

Windows7ではこれまでのWindowsに標準で付いてきたメーラーが付いてきません。(WindowsXPでは Outlook Express、WindowsVistaでは Windows Mail)

そこでメーラーを『Windows Live メールl』に移行しておきます。

———- 【メーラーの変更】 ——————

まずは、

http://download.live.com/wlmail

からダウンロードしインストールします。

インストーラーが開いたら、『メール』を選択して、[次へ]をクリックします。

インストールが完了したら、 Windows の [スタート] メニューの [Windows Live] にて使うことができるようになります。

201019479

メッセージやアカウントなどはインストール時に自動で移行されますが、フォルダが変わってしまったりする場合があります。

【参考】マイクロソフトサポートオンライン

———- 【DATAのバックアップ】 —————-

各ソフトのバックアップを取ります。

今回は使用中のドライブの中に”バックアップ”というフォルダを作りその中に各バックアップデータを入れました。
(現使用中のハードディスクの中にデータを置く場合は、データを取り込む際に接続する手段が必要となります。接続手段がない場合は、外付けHDD、USBメモリ、CD、DVDなどに保存しましょう。)

ほかのデータはWindows7にアップグレード後、外したハードディスクを変換ケーブルでUSBにつなぎ、外付けハードディスクとして移動させます。

Windows Liveメールでは「ファイル」→エクスポートがバックアップと同じことになります。メッセージとアカウントがありますのでそれぞれエクスポートしておきます。

2010110462

これで準備は終わりです。

ハードディスクを交換してのアップグレードの良さは、外したハードディスクにデータが残っていることです。
なんかあった時などはハードディスクを付け替えると、元の環境に戻すこともできます。
ただし、ハードディスクがくたびれていたり、外した後外付けハードディスクとして使ったりしてしまうとWindowsが起動しなくなっていたりしますが・・・。

次回はいよいよハードディスクの交換です。


コメントを残す