WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【データ移行編】

WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【インストール編】
の続きです。

Windows7のインストールが終わったら、バックアップしておいたデータの移行です。

交換したハードディスクの中にはバックアップ用に作成したファイルもそうですが、ずっと使っていたファイルもそのままになっていますので必要な時に取り出すことができます。

デスクトップの場合は内蔵してドライブとして認識させ使うことができますが、ノートの場合は1つしかハードディスクをセットいできませんので外付けHDDとしてつなぎます。

今回使用したのが、『ハードディスク→USB変換ケーブル』

P1010111

S-ATA、IDE それぞれ3.5インチ2.5インチともにUSBに変換できます。
価格は3000円程度ですので1つあると大変重宝します。

icon ■パソコンショップなどで購入できます。

この変換ケーブルを取り出したハードディスクにつなぎ

P1010112

USBにてパソコンに接続すると外付けのハードディスクとして使用できます。

あとはWindows7にインストールした各ソフトにてバックアップ、DETAをパソコンに取りこんで完了です。

————————————

これで WindowsXP から Windows7 へのアップグレードは終わりです。
ノートパソコンなどのシングルドライブでハードディスクを新品に取り換えてインストールする方法のシュミレーションでした。

この方法のいいところはインストール時に古いハードディスクをフォーマットしないためデータがいつまでも残っていることです。不意に移動し忘れたり、バックアップを忘れたりしても後から古いハードディスクから取り出せます。

WindowsXP から Windows7 へのアップグレード以外、同グレードのインストールし直しなどでもこの方法は利用できます。
またクラッシュしたハードディスクなどでWindowsが起動しなくなってもこの方法でデータを引き出せたりしますのでご活用ください。

————————————

WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【概要編】
WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【準備編】
WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【ハードディスク交換】
WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【インストール編】


コメントを残す