フリーの画像編集ソフトGIMPでチョコレートのイラストを作ってみる 【バンプマップ】

そろそろバレンタインの季節ですね。

そこで今回はGIMPでチョコレートを描いてみましょう。

ポイントは立体感です。

まずは新規でキャンバスを作成します。

WS00162ブレンド

で背景を 作ります。この時、チョコレートの暗いところと明るいところをそれぞれ描画色と背景色にします。

20101252632010123560

こんな感じになります。

2010123561

新しいレイヤーを追加しブロック部を作ります。

WS00141短形選択で選択し塗りつぶします。
ちなみに先に作ったレイヤーは分かりやすくするため不可視にしてあります。

2010123563

更に内側を

 WS00141短形選択で選択し『切り取り』または”Delete”で切り抜きます。

2010123565

このブロックのバックを”白”にしたいので、新規レイヤーをこのレイヤーの下に作成し白くします。

2010123566  2010123568

ブロックのレイヤーを右クリックし『下のレイヤーと統合』でレイヤーを一つにします。

 

2010123569 2010123570

『フィルタ』→『ぼかし』→『ガウシアンぼかし』でブロックをぼかします。

2010123574

2010123575

ここでのぼかし具合は立体的になった時の各辺や角部のアールに影響します。
丸みを帯びた立体にしたい時はぼかしを大きくし、角ばった立体にしたい時はぼかしを小さくします。
角ばった立体にしたい時はぼかしは必要ありません。

『OK』をクリックしぼかしが終わったら、ブロックのレイヤーを不可視(目のマークを消す)にし背景を表示します。
レイヤーは背景を選択します。(青くする)

2010126264 2010123561

『フィルタ』→『マップ』→『バンプマップ』をクリックします。

2010123573

方向、持ちあげ、深度を調整して立体を表現します。
飽和度をうまく使うと影の具合の強弱を調整できます。

2010123577

チョコレートっぽくなりました。

同じようにしてチョコレートに文字を入れてみましょう。

まずはブロックのレイヤーが邪魔になりますので消しちゃいます。

2010123578

文字を追加します。このとき大きさと位置を確かめておきます。
文字レイヤーの下に白で塗りつぶしたレイヤーを作りレイヤー部で右クリック『下のレイヤーと統合』で白背景に文字のレイヤーとします。

2010123580

文字のレイヤーを不可視にし、背景を表示、背景レイヤーを選択します。

2010123582

『フィルタ』→『マップ』→『バンプマップ』をクリックします。

2010123583 

2010123585

方向、持ちあげ、深度、飽和度を使いへこんだ文字っぽくします。

2010123585

チョコレートの表面に刻まれたもじっぽくなりました。

最後に 『フィルタ』→『マップ』→『オブジェクトにマップ』をクリックします。

2010123589

『向き』のタブから回転のX,Y,Zスライダを調整し斜めから見たようにします。

2010123591

『OK』で決定した後、

2010123594

適当にトリミングし出来上がりです。

名称未設定

どうでしょうチョコレートに見えますでしょうか?
バレンタインのグリーディングカードにオリジナルのメッセージなんかいかがでしょう。


コメントを残す