TVを新しくしたのでアンテナも新しくしてみた

せっかくの新しいレグザなのでアンテナも新調し、パワーアップを図ってみました。

今回の一番の目的は『地デジ用のパラボラアンナを地デジアンテナと混合し、1階と2階に引き込む』というもの。

これで1階、2階とも地上、BS対応です。

イメージはこんな感じ。

1.地デジアンテナとBSパラボラアンテナから混合器で1本の同軸にする。

2.混合器からの同軸を分配器で1階と2階に振り分ける。

3.壁の中は無理として、変えることのできるケーブルは『5CFB』にして電波の品質を上げる。

用意したものの一覧です。

————————————————————————–

1.UHFアンテナ
2.BS・CSアンテナ
3.混合器
4.分配器(どちらの分配側にも通電)
5.同軸ケーブル
6.CS/BS・UHF/VHF分波器
7.5C用接栓
8.壁面テレビ端子

あとはアンテナポール補強用にワイヤーロープとかしめ管、工具はドライバ、ニッパー、カッターナイフ、ペンチです。

機材がそろったら、さっそく作業です。

————————————————————————

屋根に上がって古いアンテナ、同軸ケーブル、混合器などをはずします。
そして、へろへろになっている針金をワイヤーケーブルに張り替えました。

アンテナを各方向に向け取り付け、混合器を上、分配器を下につけます。

IMG_0273

切れてしまいましたが上に『高性能型UHFアンテナ』がついてあります。

同軸ケーブルをつなぎ完成なのですが、ここで一つ問題が・・・。

1Fの従来からあるルートのBS(通電あり)が”ショートしています”の警告がでます。
いろいろ調べた結果、昔からある壁のTV用端子が通電に対応していないようです。
というより、その頃はBSありませんでしたから。

端子を取り換えTVをつけいよいよアンテナの方向セットです。

TVのレベルチェックの画面を画面を出し、ネットワークカメラをで画面が映るようにセットします。

http://mauyas.com/archives/1893

この画像をiPadを使って屋根の上でチェック!

IMG_0270

アンテナの方向を動かしレベル最大になる位置を探します。

しかし、この後またまたトラブルが!

iPadが温度上がりすぎてエラー!

まあ、気温30℃以上の屋根の上、予想以上の過酷さなんでしょうね。


コメントを残す