Windows Live メールの表示が遅い

いつもという訳ではないのですが、『Windows Live メール を立ち上げた際メールの表示が遅い』とのこと。

考えられることは、

1.ネット回線が遅くなっている。
2.メールサーバーが遅くなっている。
3.PCの処理が追い付いていない。
4.メールに関わるファイルの不具合。

今回は4のファイルの不具合を疑い、表示の際の遅延だけですので『edb.log』に目を付けやってみました。


解決法

 

まずはファイルのある場所を探します。

大抵は

C:¥Users¥名前¥Local Settings¥Application Data¥Microsoft¥Windows Live Mail

の中にあります。

確認方法は、

Windows Live メール を立ち上げ、『オプション』→『メール』をクリック

20122151521

『詳細設定』→『メンテナンス』をクリック。

20122151514

『保存フォルダー』で確認できます。

20122151515

このフォルダの中にある、『edb.log』と『edbXXX.log』をすべて削除します。
下の図でしたら、『edb.log』『edb003BC.log』『edb003BD.log』になります。

20122151512

不安な方はどこかにコピーしてから削除してください。

今回はこれで解決しました。


2 comments

  1. この方法で保存フォルダまではいけたんですが
    そこをクリックしたら
    「個人メッセージストアは下のフォルダに保存されています」
    と書かれて
    4番目のところに行けません・・・。
    どうしたらいいですか?

  2. ことねさん コメントありがとうございます。

    Windowsの種類で若干違ってくるのですが、「個人メッセージストアは下のフォルダに保存されています」に表示されているフォルダを手動で開きます。

    まずは「個人メッセージストアは下のフォルダに保存されています」に表示されているアドレスをコピーし、検索をかけます。
    Windows7であればスタートアップ(Windowsマーク)をクリックして出てくる『プログラムとファイルの検索』のBOXにペーストするのが速いと思います。
    Windows8であればバージョンで若干違ってくるのですが、右下にカーソルを持っていくと出てくる『検索』をクリックしBOXにペーストするとその下に候補が出てきますのでそれをクリックします。
    これでフォルダが開きますのでその中を探してみてください。

    他にも方法があるのですが、この方法が簡単だと思います。

コメントを残す