MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その2)

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その1)の続きです。

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール

Windows 8 のセットアップの始まりです。

Windows 8 のセットアップの始まりです

とくに変える必要はないと思います。

『次へ』をクリック。

今すぐインストール

『今すぐインストール』!

プロダクトキーを入力

プロダクトキーを入力し『次へ』

同意

同意し『次へ』

『カスタム』を選択

今回は新規なので『カスタム』を選択

ドライブオプション

ここで『BOOTCAMP』とあるパーティション4を選択、『ドライブオプション』をクリックします。

フォーマット

『フォーマット』をクリック、警告が出ますが『OK』をクリック、フォーマットが終了したら『次へ』

インストールが始まり

インストールが始まります。

パーソナル設定

任意のPC名を入れます。

ワイヤレス設定

ワイヤレス設定をします。

後から設定することもできます。

設定

設定は『簡単設定を使う』を選択しました。

PCへのサインイン

PCへのサインインですが、Microsoft アカウントで行なうことができます。

しかしオンラインでのメリットはありますが、自分のようにMicrosoft アカウントのパスワードが複雑だったりするとログインの時大変になります。

とりあえず自分は使わない設定にしました。

セキュリティ情報

セキュリティ情報を入力

セットアップ中

セットアップ中ちょっとした解説をしてくれます。

Windows 8 のスタート画面

Windows 8 のスタート画面です。

これでインストール終了です。

あとはデスクトップに行って、『コンピュータ』 → 『Macintosh HD』(たぶんDドライブ)から『Boot Camp アシスタント』の時に保存しておいたWindows サポートソフトウェア『WindowsSupport』のなかの『setup』を実行して終了です。(Users → ユーザー名 → Desktop)


 

ちなみに今回はNTT-Xが安かったのでこちらで購入です。


コメントを残す