Mavic Mini のキャリーケースを自作してみた

Mavic Mini のコントローラーをスマホブラケットで使いやすくしてみた
でコントローラーをスマホブラケット仕様にしたのですが、これだと持ち運びに不便なのでキャリーケースを作ってみました。

既存のケースだとコンパクトでいいのですが、コントローラーをたたむ必要がありちょっと大変です。

出来れはスマホブラケットなどをセットしたままで収納したい。
というのが今回の目標です。

用意したものは、クリアボックスと緩衝ウレタン。

クリアボックス

緩衝ウレタン、波型のシートを下に敷き、平型の方はくりぬけるようになっていますので収めるものに合わせて形を整えます。

そして出来上がりがこれ

Mavic Mini とスマホブラケット付きのコントローラ、バッテリーに microSDカードケースが収まります。

取っ手がついているので持ち運びもラクチンです。


Mavic Mini のコントローラーをスマホブラケットで使いやすくしてみた

Parrot Bebop を使っていた時もそうなのですが、自分の場合頻繁にスマホをコントローラから着脱するので三脚などに使うスマホホルダーなどを取り付けて使っています。

今回は Mavic Mini をそろそろ本格的に運用したかったのでスマホブラケットを購入してみました。

出来上がりはこんな風です。

スマホブラケットと別購入したスマートフォンホルダーをホームセンターなどでよくある取り付け金具をはさんで取り付けてあります。

これでスマホの画面が良く見えるようになり、付け外しもしやすくなりました。

移動しながら短時間でドローンを離発着させるのが多いので、この方法にしています。