MacのBoot CampのWindowsを『Windows10』にアップグレードする

Mac Boot Camp Windows10

Mac Boot Camp Windows10

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール
でMac Book AirでWindowsを使えるようにしたのが3年前、現在はWindows8.1になっています。

今回はそのWindows8.1を『Windows10』にアップグレードです。

『windows10の予約』はしていたのですが、いつになるかわからないので『Windows 10 のダウンロード』から『メディア作成ツール』をつかってWindows10を入手します。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10 のダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

『ツールを今すぐダウンロード』をクリックで『メディア作成ツール』をダウンロードします。

メディア作成ツール

メディア作成ツール

ダウンロードした『メディア作成ツール』をクリックで開始です。

ほとんどやることがありませんでした。

実行する操作を選ぶ

実行する操作を選ぶ

実行する操作を選びます。
今回は『このPCを今すぐアップグレードする』を選択しました。
Windows10のインストールメディアを作成するときは、4GB以上のUSBかDVDを用意し『他のPCようにインストールメディアを作る』を選択します。

Windows10のダウンロード

Windows10のダウンロード

『次へ』をクリックするとWindows10のダウンロードが開始されます。

環境にもよりますが、自分の場合は10分ほどでダウンロードできました。
今回問い合わせが多かったのはこの『ダウンロードが追わらない』で、なぜか77%でとまってしまうという現象がありました。
原因は分からないのですが何度か最初からやってもらうことで、何度目かにはうまくいっているようです。

Windows10のメディアを作成

Windows10のメディアを作成

更新プログラムをダウンロードしています

更新プログラムをダウンロードしています

あとは、『次へ』、『同意する』、『情報の更新』などをクリックし進んでいきます。

インストールの開始

インストールの開始

『インストール』でWindows10のインストールの開始です。

Windows10をインストール

Windows10をインストール

Windowsをアップグレードしています

Windowsをアップグレードしています

Windows10セットアップ

Windows10セットアップ

『次へ』、『簡単設定を使う』、『次へ』で進むと終了です。

Windows10セットアップ終了

Windows10セットアップ終了

これでMacのBoot CampでWindows10を使えるようになりました。



通勤バッグを新調 というわけでPC用にインナーバッグを購入

楽天セールも終わり、次々と商品がやってきます。

というわけでとりあえず新調した通勤バッグがこれ。

ラルフローレン トートバッグ

ラルフローレン トートバッグ

これに汚れ防止と撥水のために防水スプレーして使います。

そしてPC持ち歩きようにインナーバッグを購入

エレコム Ultrabook用小物収納ケース

エレコム Ultrabook用小物収納ケース

MacBook Air とUSBメモリ、マウスなどを持って歩くのでそれ用です。

MacBook Air がぴったり

MacBook Air がぴったり

13インチのMacBook Airが驚くほどぴったりでした。

持ち手もついていますのでこのインナーバッグだけでも持ち運びできます。

ラルフローレンのバッグに入れるとこう

ラルフローレンのバッグに入れるとこう

これで通勤が楽しくなりそうです。


Windows8からWindows8.1へのアップグレードでメモリが搭載量より少なく認識される

Mac book Air の BootCamp環境にインストールしてある Windows8 をWindows8.1 へアップグレードしたのですが、どうやらメモリがうまく認識されていません。

Mac book Air のメモリは4Gb、システム情報を見ると
実装メモリ(RAM):4GB(利用可能2.1GB)
となっています。

何とか4GB利用したいので解決方法を・・・。

20131026025

『コントロールパネル』→『管理ツール』→『システム構成』→『ブート』→『ブート詳細オプション』を開き、『最大メモリ』にチェックを入れます。

『OK』をクリック、再起動。

再度、『ブート詳細オプション』を開き、『最大メモリ』のチェックをはずします。

『OK』をクリック、再起動。

これで、全メモリを使うことができるようになりました。

『マッハドライブ』が原因かもしれませんが、同じような症状が出た場合は試してみてください。

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その2)

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その1)の続きです。

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール

Windows 8 のセットアップの始まりです。

Windows 8 のセットアップの始まりです

とくに変える必要はないと思います。

『次へ』をクリック。

今すぐインストール

『今すぐインストール』!

プロダクトキーを入力

プロダクトキーを入力し『次へ』

同意

同意し『次へ』

『カスタム』を選択

今回は新規なので『カスタム』を選択

ドライブオプション

ここで『BOOTCAMP』とあるパーティション4を選択、『ドライブオプション』をクリックします。

フォーマット

『フォーマット』をクリック、警告が出ますが『OK』をクリック、フォーマットが終了したら『次へ』

インストールが始まり

インストールが始まります。

パーソナル設定

任意のPC名を入れます。

ワイヤレス設定

ワイヤレス設定をします。

後から設定することもできます。

設定

設定は『簡単設定を使う』を選択しました。

PCへのサインイン

PCへのサインインですが、Microsoft アカウントで行なうことができます。

しかしオンラインでのメリットはありますが、自分のようにMicrosoft アカウントのパスワードが複雑だったりするとログインの時大変になります。

とりあえず自分は使わない設定にしました。

セキュリティ情報

セキュリティ情報を入力

セットアップ中

セットアップ中ちょっとした解説をしてくれます。

Windows 8 のスタート画面

Windows 8 のスタート画面です。

これでインストール終了です。

あとはデスクトップに行って、『コンピュータ』 → 『Macintosh HD』(たぶんDドライブ)から『Boot Camp アシスタント』の時に保存しておいたWindows サポートソフトウェア『WindowsSupport』のなかの『setup』を実行して終了です。(Users → ユーザー名 → Desktop)


 

ちなみに今回はNTT-Xが安かったのでこちらで購入です。

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その1)

MacでWindows8

Windows8がきた
ということでさっそくMacBook AirのBootCampにインストールです。

用意したものは、Windows 8 Pro 64-bit DSP と8Gb のUSBメモリです。

Windows 8 Pro 64-bit DSP USBメモリ

今回はUSBからのインストールとなります。

———————————————————————————–

1.Windows8のisoイメージを作る

 

まずは『ディスクユーティリティ』を使ってWindows8のisoイメージの作成です。

『アプリケーション』 → 『ディスクユーティリティ』

ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティ

DVDを選択し『新規イメージ』をクリック

DVDを選択し『新規イメージ』をクリック

場所はデスクトップにしイメージフォーマットを『DVD/CD マスター』にします。

デスクトップにできたイメージ

デスクトップにできたイメージの拡張子を『cdr』から『iso』に変更。

—————————————————————————

2.Windows サポートソフトウェアをダウンロード

 

いつもはインストールディスクを作成時に一緒にやるのですが、今回はうまくいかなかったので、『インストールディスク作成』、『サポートソフトウェアのパッケージ』、『Windows 7 を削除(すでにBootCampにてWindows7をインストールしている場合)』を別々に行いました。

『アプリケーション』 → 『Boot Camp アシスタント』を開きます。

Boot Camp アシスタント

Boot Camp アシスタント

『続ける』をクリック

最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード

『最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

外部ドライブに保存

『外部ドライブに保存』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

『デスクトップ』あたりに保存

『デスクトップ』あたりに保存しましょう。

————————————————————————–

3.Windows 8 インストールディスクを作成

 

USBメモリに Windows 8 のインストールディスクを作成します。

Boot Camp アシスタントの『Windows 7 インストールディスクを作成』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

Windows 7 インストールディスクを作成

Windows 7 インストールディスクを作成

デスクトップのisoイメージを選択し『続ける』をクリック。

20分ぐらいで作成できます。

—————————————————————————

4.Windows 7 を削除

 

Windows 7 をすでに BootCamp にてインストールしている場合に行います。
新規の場合は『Windows 7 をインストール』になっていると思います。

Windows 7 を削除

————————————————————————–

5.Windows 8 をインストール

ではいよいよ Windows 8 のインストールです。

Windows 8 をインストール

『Windows 8 をインストール』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

パーティションを作成になりますので Windows 8 をインストールするパーティションの容量を決めます。

パーティションを作成

自分の場合、Macと同じくらい使用頻度があると思いますので、 『均等に分割』をクリックし半分にしています。

『インストール』をクリックで Windows 8 のセットアップが始まります。

Windows 8 のセットアップが始まり

ちょっと長くなってしまいましたので『Windows 8』のセットアップは次回で

—————————————————————————

Windows8がきた

Windows8発売です。

仕事柄先行でWindows8 RTM版を使ってはいたのですが、予約していた製品版『Windows 8 Pro 64-bit DSP』が到着です。

P1030377

びっくりするくらいぺランぺランのパッケージです。
コースターは NTT-X で購入のプレゼント。

あけてみると、

P1030378

こんな感じ、

P1030379

ほんとにペラペラ。

保管にはハードケースを使った方がよさそうです。

パッケージはDVD用のケースに収まりますので自分はDVD用のケースにて保管です。

2012-10-27 12.49.03

P1030380

この Windows8 は Mac book Air ようです。

もちろんBoot Camp で運用です。

『Apple Magic Mouse』を使ってみた

ずっと迷っていたのですが、『Apple Magic Mouse』を購入です。

_1030370

やっぱりMacbookを使っているとジェスチャーが欲しい、といったところなのですがせっかくなのでいろいろ使ってみました。

Appleらしいシンプルでおしゃれなケースです。

_1030361

_1030362

まずはMacbook Airで使ってみました。

_1030367

_1030368

Bluetooth設定アシスタントで簡単にペアリングできました。

仕様感も良好で当然ジェスチャーもできます。

次にBoot Camp のWindows7でつかってみます。

_1030365

Bluetoothアイコンから『デバイスの追加』で簡単に認識しました。

ジェスチャーは使えませんでしたが、スクロールは機能しています。

MAC OS X Mountain Lion にアップグレード

120726-0010

25日の夜に発売の確認はしていたのですが、ようやく今日Mac Book AirのOSを『OS X Mountain Lion』にアップグレードです。

今回からはMac App Storeからの購入になりますので、まずはアクセスです。

120726-0009

インストールは簡単なのですが、ダウンロードに30分ぐらいかかりました。

デスクトップのビフォーアフターです。

120726-0008ビフォー 120726-0012アフター

なんかシックになりました。

この『Mountain Lion』なのですが、とってもやってみたいことがありました。

『音声入力』です。

Siriの入力精度は折り紙つきですので期待大です。

120726-0014

『システム環境設定』→『音声入力と読み上げ』から『音声入力』を開き

120726-0015

『音声入力』を『入』にします。

これで『音声入力』ができるようになりました。

120726-0017

テキストを入力できる所で、『Fn(ファンクション)』キーを2回押すと、

音声入力の吹き出しが出ますので音声で入力です。

『Fn(ファンクション)』キーを押すと変換です。

一発でOKでした。

120726-0018

とても便利な機能です。

他にもいろんな新機能を試してみる事にします。

MacBook Air の Boot Camp Windows7 で Bluetoothヘッドセットを使う

P1020869

iPhone、iPad、MacBook Air OS X、Windows7と簡単に接続できていた『Logicool ワイヤレスヘッドセット for iPad TH600』ですが、Boot Canp でのWindows7ではまったくうまくいきませんでした。

MacBook AirのBluetoothが”broadcom bcm20702”を使っているようですのでこのドライバを探せばうまくいくと思っていたのですが・・・。

正直インストールし直し3回、これは無理かなと思っていた所、こんなのを見つけました。

Screenshot
https://discussions.apple.com/message/17671351#17671351

さっそく

http://www.pcdrivershop.com/aspire_4830TG_Bluetooth_Atheros_7.4.0.96_W7x64_A.zip

をダウンロードしインストール。

見事Bluetoothヘッドセットが動いてくれました。

bootwin201253017

タスクトレイのBlietoothから『Bluetooth デバイスの表示』→『Logicool Wireless Headset』をクリックし 『Bluetooth の処理』画面で接続をクリック接続します。

bootwin201253015

そして今度はサウンドの再生デバイスにてスピーカーを『無効化』、これでヘッドセットから音が出ます。

bootwin201253013bootwin201253010

しかし音声悪い・・・。

気持ちよく音楽を聴くには適さないとは思いますが、マイクも使えるため音声入力やskype、チャットなどには便利かもしれません。

OS Xのほうではちゃんと聞こえますし、Bluetooth USBマイクロアダプターを使い付属のCDにてユーティリティ関連をインストールすると無理なく使えます。

P1020557_thumb4

iBUFFALOの『BSHSBD08BK』どこでも手に入るUSBマイクロアダプターだと思います。

BluetoothヘッドセットをMacBook Airで使ってみた

Bluetoothヘッドセットを使ってみた
でiPhone、iPadの接続を記事にしていました。

急がしさのせいでだいぶ間が空いてしまいましたが、『Logicool ワイヤレスヘッドセット for iPad TH600』、MacBook Air との接続も簡単です。

『システム環境設定』→『Bluetooth』

120423-0001

120423-0002

ロジクール ワイヤレスヘッドセットのマイクスイッチとボリュームアップボタン同時押しでペアリング開始。

(パスキーが出たらキーを打って『enter』)

120423-0007120423-0008

120423-0010

これで完了です。

使う時には、

デスクトップの上の『Bluetooth』で切りかえできます。

120430-0001

『ちょいテレ』DH-ONE/U2PをWindows7で動くようにしてみる

昔購入したバッファロー USB接続 ワンセグチューナー『DH-ONE/U2P』。

P1020742

とても小さいので重宝していたのですが、持ち歩きPCがMacBookAirになってから使えなくなっていました、 そこでBoot CampのWindows7で動かせるようにならないかと調べてみると、DH-KONE/U2 用のドライバで動かせるようになるらしい。

そこでさっそくやってみました!

BUFFALOのダウンロードサービスからドライバをダウンロードし、

http://buffalo.jp/download/driver/multi/dh-kone_u2_dr.html

PCastTV for ワンセグ をインストール(DH-ONE/U2P用)

http://buffalo.jp/download/driver/multi/pcasttvone_118.html

P1020739

無事動きました。

当然、MacBookAirでないWindows7でも動くはずです。

P1020741

もしバッファローのワンセグチューナー『DH-ONE/U2P』を持っていて、Windows7で動かしたいという方がいればお試しください。

けっこう売れた商品らしいのでたくさんの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

新品をという方はこちらをどうぞ!

MacBook Air がやってきた!

やっと念願の『MacBook Air』購入です。

P1010534

箱を開けて10分後には

P1010538

この通り、主なセットアップ終了です。

今回購入の『MacBook Air』は

13インチ:256GB

1.7GHz デュアルコア Intel Core i5
4GB メモリ
256GB

です。

Boot CampをつかってWindows7ものせる予定ですので256GBの選択にしました。

新しいせいもあるのでしょうがかなり速く満足です。