自分の運気が分かるiPhoneアプリ『天冲殺チェッカー』

Ripreさんから『天冲殺チェッカー』というiPhoneアプリをいただきました。

IMG_0041

しかし『てんちゅうさつ』とは懐かしい響きです。

この『天冲殺チェッカー』自分の誕生日を登録しておくと、『今日の運気』・『今月の運気』・『今年の運気』・『指定日の運気』をグラフ仕立てで見ることができるというもの、ちなみに自分の運気を調べてみると・・・

IMG_0043

こんな風に「おお!今週は上がり調子!」なんてわかることができます。

運気リズムは12あるようでその中の『危険期』、『沖殺期』、『忍耐期』を天冲殺というらしいのですがこの天冲殺の期間は気を付けましょうということですね。

以前病気で倒れ救急車で運ばれたことがあるのですが、気になって調べてみると、

IMG_0044

思いっきり天沖殺ど真ん中でした。

有料のアプリになりますが、ご自分の運気、気になる方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

『天沖殺チェッカー』はコチラ

Ripreモニターに参加中

ようやく『iPhone5』に乗り換えです

P1030546

Windows8導入、自作パソコンセットアップ、ハイエース故障で車の入れ替え、とここ3週間休む暇もありません。

そんな時に『iPhone5』購入です。

思えば10年ほど前もそんな忙しい時期がありました。

まずはハイエースの故障、修理に出したと思ったら空き巣に入られ、割られたガラスを入れ替えたら出先でバイクを盗まれ・・・。

その時に比べたら今回の忙しさは前向きです。

明るく行きましょう!

ということで、『iPhone5』うれしくて写真を撮る前にフィルムとカバーをつけてしまいました。

P1030547

今回のフィルムはマット系にしてみました。

画面タッチがサラサラなのと外での反射があまり気にならなくなりました。

ガードは周りだけのバンパーで『iPhone4』のころからこのタイプがいちばんしっくりきます。

 

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その2)

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その1)の続きです。

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール

Windows 8 のセットアップの始まりです。

Windows 8 のセットアップの始まりです

とくに変える必要はないと思います。

『次へ』をクリック。

今すぐインストール

『今すぐインストール』!

プロダクトキーを入力

プロダクトキーを入力し『次へ』

同意

同意し『次へ』

『カスタム』を選択

今回は新規なので『カスタム』を選択

ドライブオプション

ここで『BOOTCAMP』とあるパーティション4を選択、『ドライブオプション』をクリックします。

フォーマット

『フォーマット』をクリック、警告が出ますが『OK』をクリック、フォーマットが終了したら『次へ』

インストールが始まり

インストールが始まります。

パーソナル設定

任意のPC名を入れます。

ワイヤレス設定

ワイヤレス設定をします。

後から設定することもできます。

設定

設定は『簡単設定を使う』を選択しました。

PCへのサインイン

PCへのサインインですが、Microsoft アカウントで行なうことができます。

しかしオンラインでのメリットはありますが、自分のようにMicrosoft アカウントのパスワードが複雑だったりするとログインの時大変になります。

とりあえず自分は使わない設定にしました。

セキュリティ情報

セキュリティ情報を入力

セットアップ中

セットアップ中ちょっとした解説をしてくれます。

Windows 8 のスタート画面

Windows 8 のスタート画面です。

これでインストール終了です。

あとはデスクトップに行って、『コンピュータ』 → 『Macintosh HD』(たぶんDドライブ)から『Boot Camp アシスタント』の時に保存しておいたWindows サポートソフトウェア『WindowsSupport』のなかの『setup』を実行して終了です。(Users → ユーザー名 → Desktop)


 

ちなみに今回はNTT-Xが安かったのでこちらで購入です。

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール(その1)

MacでWindows8

Windows8がきた
ということでさっそくMacBook AirのBootCampにインストールです。

用意したものは、Windows 8 Pro 64-bit DSP と8Gb のUSBメモリです。

Windows 8 Pro 64-bit DSP USBメモリ

今回はUSBからのインストールとなります。

———————————————————————————–

1.Windows8のisoイメージを作る

 

まずは『ディスクユーティリティ』を使ってWindows8のisoイメージの作成です。

『アプリケーション』 → 『ディスクユーティリティ』

ディスクユーティリティ

ディスクユーティリティ

DVDを選択し『新規イメージ』をクリック

DVDを選択し『新規イメージ』をクリック

場所はデスクトップにしイメージフォーマットを『DVD/CD マスター』にします。

デスクトップにできたイメージ

デスクトップにできたイメージの拡張子を『cdr』から『iso』に変更。

—————————————————————————

2.Windows サポートソフトウェアをダウンロード

 

いつもはインストールディスクを作成時に一緒にやるのですが、今回はうまくいかなかったので、『インストールディスク作成』、『サポートソフトウェアのパッケージ』、『Windows 7 を削除(すでにBootCampにてWindows7をインストールしている場合)』を別々に行いました。

『アプリケーション』 → 『Boot Camp アシスタント』を開きます。

Boot Camp アシスタント

Boot Camp アシスタント

『続ける』をクリック

最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード

『最新の Windows サポートソフトウェアを Apple からダウンロード』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

外部ドライブに保存

『外部ドライブに保存』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

『デスクトップ』あたりに保存

『デスクトップ』あたりに保存しましょう。

————————————————————————–

3.Windows 8 インストールディスクを作成

 

USBメモリに Windows 8 のインストールディスクを作成します。

Boot Camp アシスタントの『Windows 7 インストールディスクを作成』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

Windows 7 インストールディスクを作成

Windows 7 インストールディスクを作成

デスクトップのisoイメージを選択し『続ける』をクリック。

20分ぐらいで作成できます。

—————————————————————————

4.Windows 7 を削除

 

Windows 7 をすでに BootCamp にてインストールしている場合に行います。
新規の場合は『Windows 7 をインストール』になっていると思います。

Windows 7 を削除

————————————————————————–

5.Windows 8 をインストール

ではいよいよ Windows 8 のインストールです。

Windows 8 をインストール

『Windows 8 をインストール』にチェックを入れ『続ける』をクリック。

パーティションを作成になりますので Windows 8 をインストールするパーティションの容量を決めます。

パーティションを作成

自分の場合、Macと同じくらい使用頻度があると思いますので、 『均等に分割』をクリックし半分にしています。

『インストール』をクリックで Windows 8 のセットアップが始まります。

Windows 8 のセットアップが始まり

ちょっと長くなってしまいましたので『Windows 8』のセットアップは次回で

—————————————————————————

Windows8がきた

Windows8発売です。

仕事柄先行でWindows8 RTM版を使ってはいたのですが、予約していた製品版『Windows 8 Pro 64-bit DSP』が到着です。

P1030377

びっくりするくらいぺランぺランのパッケージです。
コースターは NTT-X で購入のプレゼント。

あけてみると、

P1030378

こんな感じ、

P1030379

ほんとにペラペラ。

保管にはハードケースを使った方がよさそうです。

パッケージはDVD用のケースに収まりますので自分はDVD用のケースにて保管です。

2012-10-27 12.49.03

P1030380

この Windows8 は Mac book Air ようです。

もちろんBoot Camp で運用です。

ペットの写真共有SNSアプリ「パシャっとmyペット」、iPhone版登場

Ripreさんからの情報で、ペットの写真が共有できるSNSアプリの「パシャっとmyペット」が iPhone にも対応したとのことでさっそく試してみました。

今まで Android版はあったのですが、自分はiPhoneでしたのでちょっとさみしい思いをしていたものです。

ということでさっそくうちのワンとにゃんもSNSです。

————————————-

まずは App Storeからダウンロードです。

ログインを設定、登録してスタートです。

自分だけではなくペットも登録できます。

IMG_0567 IMG_0568

IMG_0570IMG_0585

とった写真は他のSNSでもシェアすることができます。

IMG_0571

カレンダー式に登録して行けますのでペットの記録としても使えそうです。

IMG_0573

さっそくカメラで写真を撮ってみました。

IMG_0577

とった写真はデコレーション加工もできます。
・約20種類以上のフレーム、フィルター
・フォントいろいろ文字スタンプ
・鼻デカフィルター

IMG_0578

タイトルを入れてアップです。

複数ペットも登録できますのでうちではワンとにゃんを登録しました。

可愛い写真でユーザー同士のコミュニケーションも弾みそうです。

このアプリで毎日のペットライフが楽しくなりそう、ペットがいらっしゃる方は使ってみてはいかがでしょうか。

▼「パシャっとmyペット」iPhoneアプリのダウンロードはこちらから

▼「パシャっとmyペット」Androidアプリのダウンロードはこちらから

▼パシャっとmyペットについてもっと見る

 

Ripreキャンペーンに案件参加中

『Apple Magic Mouse』を使ってみた

ずっと迷っていたのですが、『Apple Magic Mouse』を購入です。

_1030370

やっぱりMacbookを使っているとジェスチャーが欲しい、といったところなのですがせっかくなのでいろいろ使ってみました。

Appleらしいシンプルでおしゃれなケースです。

_1030361

_1030362

まずはMacbook Airで使ってみました。

_1030367

_1030368

Bluetooth設定アシスタントで簡単にペアリングできました。

仕様感も良好で当然ジェスチャーもできます。

次にBoot Camp のWindows7でつかってみます。

_1030365

Bluetoothアイコンから『デバイスの追加』で簡単に認識しました。

ジェスチャーは使えませんでしたが、スクロールは機能しています。

MAC OS X Mountain Lion にアップグレード

120726-0010

25日の夜に発売の確認はしていたのですが、ようやく今日Mac Book AirのOSを『OS X Mountain Lion』にアップグレードです。

今回からはMac App Storeからの購入になりますので、まずはアクセスです。

120726-0009

インストールは簡単なのですが、ダウンロードに30分ぐらいかかりました。

デスクトップのビフォーアフターです。

120726-0008ビフォー 120726-0012アフター

なんかシックになりました。

この『Mountain Lion』なのですが、とってもやってみたいことがありました。

『音声入力』です。

Siriの入力精度は折り紙つきですので期待大です。

120726-0014

『システム環境設定』→『音声入力と読み上げ』から『音声入力』を開き

120726-0015

『音声入力』を『入』にします。

これで『音声入力』ができるようになりました。

120726-0017

テキストを入力できる所で、『Fn(ファンクション)』キーを2回押すと、

音声入力の吹き出しが出ますので音声で入力です。

『Fn(ファンクション)』キーを押すと変換です。

一発でOKでした。

120726-0018

とても便利な機能です。

他にもいろんな新機能を試してみる事にします。

SoftBank 今日からプラチナバンドスタート!

P1030240

iPhoneがSoftBankなのですが、このソフトバンクが今日からプラチナバンド!

といってもいきなりこの周波数が使えるようになるわけではありませんが・・・。

ということで、iPhoneでの使っている周波数帯の調べ方です。

まずは『電話』をタップです。

2012-07-25 11.40.13

ここで電話をかけるのですが、『*3001#12345#*』という番号にかけます。

2012-07-25 11.38.36

『UMTS Cell Environment』をタップ

2012-07-25 11.38.40

『UMTS RR Info』をタップ

2012-07-25 11.39.13

『Downlink Frequency』や『Uplink Frequency』が2000ぐらいになっていたらプラチナバンドです。

残念ながら自分の所はまだプラチナ圏外のよう。

気長に待ちます。

最近、うちのにゃんがはまっているiPADアプリ『Cat Fishing』

IMG_0077

最近うちのにゃんがはまってるiPadアプリが『Cat Fishing』。

Friskiesのアプリですね。

そう、あの「ネコ大好きFriskies」? です。

P1020333じっと見ています。

 

P1020334まだじっと見ています。

P1020335

”ちょいちょい”って始まりました。

泳いでいる魚を”ちょいちょい”ってできれば次の魚に変わります。

外れると波紋が広がります。

飽きっぽいうちのにゃんですが、まだまだ興味を持って遊んでいます。

iPhoneやiPadをテンキーやトラックパッドにできるアプリ『Mobile Mouse』

P1020909

Apple Wireless Keyboard はキータッチの感触が気にっているのですが、ひとつ不便に感じていることがあります。

これはMac Book Airでもそうなのですがやっぱりテンキーが欲しい!

ということでiPhoneをテンキーで使うことを思いつきアプリを探してみました。

で、見つかったのが『Mobile Mouse』

有料のアプリなのですが、テンキーの他、トラックパット、しかもエアモーションなんかもできます。

2012-05-28 23.34.38 2012-05-28 23.33.42 2012-05-28 23.34.44 2012-05-28 23.35.01 2012-05-28 23.35.08

iPadだとこんな感じ。

2012-05-28 23.37.20 2012-05-28 23.36.21 2012-05-28 23.36.34 2012-05-28 23.36.38

大きいだけに使いやすい!

テンキーのないキーボードや、ノートPCなどを使っているiOSユーザーいかがでしょうか?

 

PC側にはこちらからダウンロードしたそれぞれのOSに合ったソフトが必要になります。

http://mobilemouse.com/

20128301815

インストールしたら初期設定で

20128301816

Passwordを設定し『Apply』

デバイスを同じネットワークにつなぎデバイス側で探し出したPCを選択、

2012-08-30 19.39.58

設定したパスワードを入力で使えるようになります。

2012-08-30 19.39.47

MacBook Air の Boot Camp Windows7 で Bluetoothヘッドセットを使う

P1020869

iPhone、iPad、MacBook Air OS X、Windows7と簡単に接続できていた『Logicool ワイヤレスヘッドセット for iPad TH600』ですが、Boot Canp でのWindows7ではまったくうまくいきませんでした。

MacBook AirのBluetoothが”broadcom bcm20702”を使っているようですのでこのドライバを探せばうまくいくと思っていたのですが・・・。

正直インストールし直し3回、これは無理かなと思っていた所、こんなのを見つけました。

Screenshot
https://discussions.apple.com/message/17671351#17671351

さっそく

http://www.pcdrivershop.com/aspire_4830TG_Bluetooth_Atheros_7.4.0.96_W7x64_A.zip

をダウンロードしインストール。

見事Bluetoothヘッドセットが動いてくれました。

bootwin201253017

タスクトレイのBlietoothから『Bluetooth デバイスの表示』→『Logicool Wireless Headset』をクリックし 『Bluetooth の処理』画面で接続をクリック接続します。

bootwin201253015

そして今度はサウンドの再生デバイスにてスピーカーを『無効化』、これでヘッドセットから音が出ます。

bootwin201253013bootwin201253010

しかし音声悪い・・・。

気持ちよく音楽を聴くには適さないとは思いますが、マイクも使えるため音声入力やskype、チャットなどには便利かもしれません。

OS Xのほうではちゃんと聞こえますし、Bluetooth USBマイクロアダプターを使い付属のCDにてユーティリティ関連をインストールすると無理なく使えます。

P1020557_thumb4

iBUFFALOの『BSHSBD08BK』どこでも手に入るUSBマイクロアダプターだと思います。

BluetoothヘッドセットをMacBook Airで使ってみた

Bluetoothヘッドセットを使ってみた
でiPhone、iPadの接続を記事にしていました。

急がしさのせいでだいぶ間が空いてしまいましたが、『Logicool ワイヤレスヘッドセット for iPad TH600』、MacBook Air との接続も簡単です。

『システム環境設定』→『Bluetooth』

120423-0001

120423-0002

ロジクール ワイヤレスヘッドセットのマイクスイッチとボリュームアップボタン同時押しでペアリング開始。

(パスキーが出たらキーを打って『enter』)

120423-0007120423-0008

120423-0010

これで完了です。

使う時には、

デスクトップの上の『Bluetooth』で切りかえできます。

120430-0001

Bluetoothヘッドセットを使ってみた

iPhone、iPadもあることだし、Bluetoothのヘッドセットがあったらいいかなと思い、ちょっと手頃な価格の ロジクール ワイヤレスヘッドセットを買ってみました。

ロジクールLogicool ワイヤレスヘッドセット

ヘッドセットなので聞く、話す、が出来ます。

ロジクールLogicool ワイヤレスヘッドセット

USBで充電、折りたたむこともできます。

ロジクール ワイヤレスヘッドセット

iPhone、iPadのペアリングも簡単でした。

IMG_0462

『設定』→『一般』→『Bluetooth』を『オン』

IMG_0463

ロジクール ワイヤレスヘッドセットのマイクスイッチとボリュームアップボタン同時押しでペアリング開始。

認識できたらOKです。

IMG_0465

基本的にはBluetoothならなんでもOKだと思うのでWindows7にも挑戦してみるつもりです。

『ちょいテレ』DH-ONE/U2PをWindows7で動くようにしてみる

昔購入したバッファロー USB接続 ワンセグチューナー『DH-ONE/U2P』。

P1020742

とても小さいので重宝していたのですが、持ち歩きPCがMacBookAirになってから使えなくなっていました、 そこでBoot CampのWindows7で動かせるようにならないかと調べてみると、DH-KONE/U2 用のドライバで動かせるようになるらしい。

そこでさっそくやってみました!

BUFFALOのダウンロードサービスからドライバをダウンロードし、

http://buffalo.jp/download/driver/multi/dh-kone_u2_dr.html

PCastTV for ワンセグ をインストール(DH-ONE/U2P用)

http://buffalo.jp/download/driver/multi/pcasttvone_118.html

P1020739

無事動きました。

当然、MacBookAirでないWindows7でも動くはずです。

P1020741

もしバッファローのワンセグチューナー『DH-ONE/U2P』を持っていて、Windows7で動かしたいという方がいればお試しください。

けっこう売れた商品らしいのでたくさんの方がいらっしゃるのではないでしょうか?

新品をという方はこちらをどうぞ!

なぜか今、『Dropbox』が会社で大はやり!

ちょっとしたファイル共有や受け渡しに便利なオンラインストレージ。

中でも簡単で手軽に使えしかも無料、そんな理由から『Dropbox』を薦めてきました。

特にパソコンスキルがない方でも普通のフォルダのように使えるため、説明も少なくて済みます。

そこで『Dropbox』の使い方を記事にしたいと思います。会社で配布したそのまんまですが・・・。

———————————————————————-

【Dropbox(ドロップボックス)マニュアル 導入篇】

Dropboxとはクラウドを使ったオンラインストレージサービスで、2GBまで無料で使うことができます。

【特徴として】

・パソコン、スマートフォン、タブレットなどでDropboxに置いたファイルを見ることができる。
・特定フォルダを共有しファイルを公開できる。
・IEなどのブラウザでのファイル参照も可

【このような使い方ができます】
・外出先などで違うパソコンや、iPadなどでファイルを見たり、編集したい。
・重たい写真などのファイルを送ったりしたい。

【使用時の注意】
・あくまで無料のサービスですので不慮の事態の保証はありません。ファイルの破損などの可能性も考え利用してください。
・人為的な原因が多いとは思いますが、ファイルの外部流出などの危険性もあります。機密事項等のファイルなどは置かないように心がけましょう。

■■■ 始め方 ■■■

http://db.tt/tWumf8L

にアクセスしアカウントを作成します。このアドレスから取得すると容量が250M加算されます。

Dropbox

性:自分で決めれます
名:自分で決めれます
アドレス:自分のメールアドレス
パスワード:自分で決めれます

I agree to Dropbox Terms にチェックマークを付け
『アカウントを作成』をクリック

インストーラーのダウンロードが始まります。
インストールの途中でアドレス、パスワードが求められたら入力します。

Dropbox

————————————————————————

Dropbox(ドロップボックス)マニュアル 

 

■■■ 使い方 ■■■

ディスクトップのアイコンまたはツールバーのアイコンからDropboxフォルダを開くことができます。

Dropbox

この中のファイルがDropboxと同期されます。(通常マイドキュメント内にフォルダが作成されます)
容量がなくなるまで自由に使うことができます。

【パソコンやスマートフォン間での同期】

他のパソコンやスマートフォンでこのフォルダを同期することができます。
パソコンではDropboxサイトからソフトをダウンロード、スマートフォンでは各ストアからDropboxアプリをインストールしてください。

Dropbox

【相手にファイルを渡したい】

Dropboxにははじめから「Photos」と「Public」という他人に公開するためのフォルダが用意されてます。

公開したい(相手に渡したい)ファイルをここに置きリンク先を教えることで相手にファイルを渡すことができます。
※公開できるフォルダですので見られたくないファイルはここには置かないでください。

・渡したいファイルを右クリックし『Dropbox』→『パブリックリンクのコピー』をクリックします。

Dropbox

・このリンクをメールなどで相手に教え、アクセスしてもらいます。

Dropbox

この2つの機能でかなり使えると思います。
他にも共有作業をするための機能などがありますが、ファイル取扱のスキルが上がってからチャレンジしましょう。

『MINI Coupe ハンティング大作戦』がおもしろい

第42回東京モーターショーにあわせてMINIの大争奪戦が始まったみたいです。

スマートフォンアプリのバーチャルMINIを奪い合うというものなのですが、これが見ていて面白い。

IMG_0304こんな感じに表示されます。

MINI Coupe にみんな群がってきています。

IMG_0302一人が近づいてきています。

IMG_0303おっ!奪われたようです。

このように東京23区の中をMINIを持った人が逃げ回り、それを大勢が追いかけまわします。

時には車(と思われる)、時には電車(と思われる)で移動し取ったり取られたりを繰り返しています。

残念ながら遠いので参加はできませんが、熱い戦い見守っていますよ!

見るだけだったらPCでも大丈夫ですが、参加するには iPhone か Android が必要になります。

20111281399

http://www.mini.jp/mini_coupe/campaign/index.html

自分の髪型をシュミレーションできるiPhoneアプリ「男の髪コレ」

Ripreさんからの情報で、ヘアスタイル変身アプリ「男の髪コレ」というのを試してみました。

株式会社マンダムさんのアプリで、自分の顔で髪形をシュミレーションできるというアプリです。

IMG_0262

ダウンロードし、『はじめる』でスタートです。

IMG_0263

髪形を選んで自分の顔を「撮影する」か「ライブラリーから選択」で選ぶのですが、自分はにゃんの写真を選んでみました。

写真を取り込み、調整するとこうなります。

IMG_0271

ついでにこんなのも

IMG_0272

人の顔じゃなくても行けそうです。
他にアフロ、ちょんまげなんかもありますよ。

自分はそんなに髪形自体には興味がないのですが、この「男の髪コレ」、シュミレーションの精度も高く色々楽しめそうです。
にゃんの顔でもここまで楽しめますので、『AppStore無料アプリ総合ランキングで1位』というのも納得、女性にも大人気というのもうなずけます。

この「男の髪コレ」やってみたい!と思う方はこちらからダウンロードできます。

男の髪コレ ダウンロードははこちら [無料]

————————————————————————–

補足です。

「髪コレ」という女性用のiPhoneアプリもありますよ。

IMG_0273

修理に出したiPhone、戻ってきたときの箱がなかなかオシャレ

iPhoneが壊れて修理に出していたのですが、ようやく戻ってきました。

そのときの箱がこれ

P1010613

写真で見るとそうでもないように見えますが、思ったよりも重厚で、良くブランドの財布などが入っている箱のような風合いです。

見せびらかすほどでもないのですが、コレクションの仲間入りです。

MacBook Air がやってきた!

やっと念願の『MacBook Air』購入です。

P1010534

箱を開けて10分後には

P1010538

この通り、主なセットアップ終了です。

今回購入の『MacBook Air』は

13インチ:256GB

1.7GHz デュアルコア Intel Core i5
4GB メモリ
256GB

です。

Boot CampをつかってWindows7ものせる予定ですので256GBの選択にしました。

新しいせいもあるのでしょうがかなり速く満足です。