『Microsoft WebMatrix』でPHPの’xsltprocessor’がfatalエラーになる

WebMatrix

xsltprocessorとはPHP5のXSLT関数なのですが、WebMatrixでは初期でセットされていないようです。

PHP5ははいっていますので、”php.ini”を探ってみました。

WebMatrix のWeb サーバーとして稼働しているのは IIS Express ですので、その中のフォルダにあるはずです。

C:¥Program Files (x86)¥IIS Express¥PHP¥v5.2

これをエディタで開き[ExtensionList]を探すと、1309行目にありました。

最後の行に extension=php_xsl.dll を付け足して保存します。

ただこのファイル、書き込み出来ないようになっていますので、
ファイルを右クリック→プロパティ→セキュリティ→編集→Usersを選択し、書き込みの所にチェックを入れてOK。

これで xsl が使えるようになります。

簡単に動的サイトの開発環境を構築できる『Microsoft WebMatrix』

自分のパソコンなんかでPHPやMySQLなどを使った動的Webサイト、WordpressやEC-CUBE、OpenPNEなどを開発している人の多くは『XAMPP』などを使ってローカル環境へサーバーの環境を構築しつかっていることと思います。

自分もしばらくは、『XAMPP』と簡単なWebサーバーをたてて使っていたのですが、最近ではもっぱら『Microsoft WebMatrix』を使っています。

最近ではもっとも多いのが、Wordpressのテーマなどのカスタマイズなので、サクッと環境作りサクッと作業に入る、というのがやはり理想です。

201110231349

この『Microsoft WebMatrix』けっこう昔からあったような気がするのですが、当時はどちらかと言うと.NETなどの開発用という感じだったような気がします、今ではすっかり様変わりしてとっても便利で高機能な事も出来ちゃうツールです。

自分が良く使うのが『Webギャラリーからサイトを作成する』

試しにWordpressサイトを作ってみると、

201110231354

WordPress 日本語をクリックし、

201110231358

『同意する』をクリック

201110231359

必要な部分を入力『次へ』

201110231361

これでローカルのセットアップは終わり。

URLをクリックすると、おなじみのWordpressのセットアップが始まります。

201110231363

これが終われば、インストール終了。

MySQLなどのインストールが終わっていればここまで”5分”です。

Microsoftなので安心して使えますよ。

Webギャラリーにはこんな動的サイトが用意されています。

ブログ系
・Wordpress(英語・日本語)
・BlogEngine.NET
・Acquia Drupal
・DasBlog
・Mayando
・Subtext
・AtomSite
・MODx CMS
・Composite C1 CMS
・DotNetAge
・Geeklog

CMS
・DotNetNuke
・Umbraco CMS
・Joomla!
・mojoPortal
・Kentico CMS
・Moodle
・Orchard CMS
・N2 CMS
・My Web Pages
・Dropthings
・TangoCMS
・Kooboo CMS
・MonoX
・SQLCMS
・Composite C1 CMS
・SugarCRM
・Tandem Server CMS

eコマース
・nopCommerce
・mojoPortal
・Kentico CMS
・Kartris
・Core Ecommerce Lite
・SplendidCRM
・EC-CUBE

フォーラム
・phpBB
・YetAnotherForum.NET
・OpenPNE

ギャラリー
・Gallery Server Pro
・Mayando
・Gallery
・Azopho

ツール系
・ResourceBlender
・nService
・Piwik

Wiki
・ScrewTurn Wiki
・Tiki Wiki CMS

ダウンロードはこちらです。