PC起動時に『CPU』、『MEMORY』がMAX稼働。しばらくなんもできないを解決する。

PC起動時に5分ほどPCがもさらもさらと、いっこうに動き出す気配がありません。
CPU、メモリともにMAX状態。

CPU、メモリともにMAX状態

CPU、メモリともにMAX状態

いったい何が起きたのかと調べていくと、『Dell SupportAssist』の仕業のようです。

Dell SupportAssist

Dell SupportAssist

Dell SupportAssistは対象機器のハードウェアの不具合やサポート対象となるアップデートなどをサポートしてくれますが、いらない人にとってはちょっと邪魔な機能になってしまいます。

そこで思い切ってアンインストールしてもいいのですが、『スケジュールされたハードウェアスキャンを有効にする』のチェックを外し、スキャンは手動でする方法に変更しました。

1.右上の歯車から設定をクリック

右上の歯車から設定をクリック右上の歯車から設定をクリック

右上の歯車から設定をクリック右上の歯車から設定をクリック

2.『スケジュールされたハードウェアスキャンを有効にする』のチェックを外す。

.『スケジュールされたハードウェアスキャンを有効にする』のチェックを外す。

.『スケジュールされたハードウェアスキャンを有効にする』のチェックを外す。

これで勝手にハードウェアのスキャンが始まるのを防げます。

—————————————————————

削除してしまいたいという方はこちら

1. コントロールパネル > プログラムの追加と削除 の順にクリックします。

2. Dell SupportAssist と『Dell SupportAssistAgent』を選択して、 アンインストール をクリックします。

SupportAssist およびシステムログコレクションツールがアンインストールされます。

Windows7 予約受け付け開始!

10月22日いよいよWindows7の発売です。
Microsoftでの予約受付ではあっというまに売り切れてしまったようで、かなりの人気のようです。

今回一般小売りでも解禁になりあちこちで予約を開始しました。

こうなってくると当然予約特典や値引きが気になってしまうのですが、お勧めは安 心と価格のNTT-X Store です。

2009925302

ちょっとした機能比較表やアップグレード情報などもありますのでご参考にどうぞ。

 

NTT-X Store Windows7 はこちら

メールの着信音を簡単に変更できるソフト

携帯の着信音は変えれるのに、PCメールの着信音を変えている人は少ないはず。
フリーのソフトを使ったりやPCの設定を変えれば変更はできるのだが、結構敷居の高いものです。
自分も過去にちょっと遊んだりもしたことがあったのですが、ビジネスでそれをやろうとは思いませんでした。ポストペットを使ってたということもありますが・・・

ネットショップをやっていたり、顧客のメールの問い合わせにメールを使っていたりとメールの即応性を求められている方にはこんなソフトはいかがでしょうか?

「着音くん」です。

件名や送信者や受信アドレスごとに着信音を変えたり着信音を出さなかったりといった設定を今使っているメーラーで簡単にできます。

しばらく、と言ってももう5年以上になりますが、ちょっと眼から鱗のソフトです。

「着音くん」のサイトはこちら

メール着信音.com http://www.mailchakushinon.com/

XPをSP3にしたら縮小表示でHTMLファイルのサムネイル画像が表示されなくなってしまった。

XPをSP3にしたら縮小表示でHTMLファイルのサムネイル画像が表示されなくなってしまった。
SP2の時もやったのだが忘れてしまうのでメモしておきます。

スタートメニューの『ファイル名を指定して実行』をクリック、『regedit』と入力、『OK』をクリックしてください。レジストリエディタが起動します。

 

WS000005 

HKEY_CLASSES_ROOT → .htm

 

を確認します。
 

『.htm』の下に『ShellEx』というキーがあるか確認してください。
ない場合『.htm』を右クリックして『新規』→『キー』で、『ShellEx』というキーを作ります。
次にこの下に同じように次の名前で新しいキーを作成します。

{BB2E617C-0920-11d1-9A0B-00C04FC2D6C1}

 

間違えると大変なので、コピーペなどで間違いのないようにしてください。

 

このキーをクリックし右側に表示される『(既定)』をダブルクリックし、『値のデータ』に次の文字列を入力します。

 

{EAB841A0-9550-11cf-8C16-00805F1408F3}

 

再起動で縮小表示で.htmのサムネイルが表示されます。

 

『.html』の場合は

 

HKEY_CLASSES_ROOT → .html

 

で同じことをしてください。

 

インターネットショートカットの場合は『.url』です。

アップル-Safari- Windows版が日本語になった

今まで日本語で使用可ではあったがフェイスは英語だったSafari windows版がついに日本語表示になった。

WS000002
使用には問題なかったが、エラーが出ていたため紹介しなかったのだが、今回のバージョンアップでそれも解消している。

特にMacファンではないのだが、マウスとブラウザは結構好きでWindowsでも使いたいと思っていた。ようやくこれで2つそろいうれしい限りである。

Mac物のよさは直感的に使える使い勝手の良さだ。シンプルな中に人間としての癖みたいなものにうまくマッチングしている構造だと思う。
Safariは特別便利だとも思わないし、機能も優れているとは思わない。強いて言えば速いことなのだが、使っていて疲れないことが一番の良さだと思う。Gyaoが見れないのがちょっと残念だが、それを差し引いてもおすすめの一品である。

ダウンロードはこちら
http://www.apple.com/jp/safari/

起動後15分間もPCが使えない

パソコン立ち上げ後15分も満足に使えず、フリーズしてしまうとの事。

パソコンは 日立 Prius Air 610H
CPU:Celeron® 2.40 GHz
OS:Microsoft® Windows® XP Home Edition

で見てみたらメモリが256MBしかない。
メーカーPCで初期インストールしてあるソフトをモリモリ動かし、ウィルスバスターを動かしたら重たいに決まっている。

手持ちのメモリがなかったので何とか設定でしのいでもらうことにする。

やることは次の通り

1.壊れているシステムがないか確認
2.初期起動の使わないソフトを起動させない
3.視覚効果やデザインを変更してパフォーマンスをあげる
4.ハードディスクをきれいにする
5.レジストリをきれいにする
6.デフラグをする

大体こんなところでしょうか。

このPCの場合は起動ドライブであるCドライブに圧縮設定がしてあったのでこれを解除します。
ドライブの圧縮は利点もあるのですが、ハードディスクの破損などのときは一気に修復できなくなったりするので古いパソコンなどではお勧めしていません。

WS037

ドライブを右クリックプロパティから『ドライブを圧縮してディスク領域を空ける』のチェックを外します。

以上の作業終了後、起動後ハードディスクが落ち着くまで3分。
1/5になりました。

XPの場合、メモリは512MB以上入れときましょう。
それとXPは使っているとどんどん重くなっていきますよ。

メモリを探してみよう






ハートが入力できない!

テキスト入力で”ハートが入力できない”と質問されました。
ハートとは『❤』のことです。

で、IME変換時の候補に絵フォントが出てくる設定方法です。

まず、辞書ツールを開きます。
WS000037

WS000038

辞書/学習から

WS000040

Microsoft IME 記号辞書 にチェックを入れ、OKを・・・

これで『はーと』と入力すると変換候補に絵フォントが出ます。

WS000041

IME2007では同じところで”Microsoft IME 記号辞書”を選択して、右側の変換モードのチェックマークを付けるとつかえますよ。

あと、Webで使う時はUTF-8でつかってね。シフトJISなんかだと文字化けします。

マルチIEのインストール

Web制作にあたりやはり気になるのが、異なるブラウザでの表示。
ちなみに、一般的なユーザーのアクセスが多いと思われるショッピングサイトでの環境は、

IE ・・・ 92%
Sfari ・・・ 4%
Firefox ・・・ 3%

IEのうち、

IE6.0 ・・・ 73%
IE7.0 ・・・ 25% 2008/02 調べ

となりました。思ったよりIE利用者が多いようです。

そこで、気になるのがIEのバージョンでの見え方。いろんな方法が紹介されていますが、こんなのがあります。


multiple_IE

http://tredosoft.com/Multiple_IE

IEの複数バージョンをインストールできます。

ちなみに、私はIE7を通常で、6.0と5.5をMultiple_IEで利用しています。

パソコンがネットに繋がらない・・・

10台ほどのLAN環境にて数台のPCがインターネットに繋がらないと連絡が入った。
話を聞くと有線環境下で何台かのPCが突然ネットワークに繋がらなくなったとのこと・・・。
たいていこういう時はハブ周りの不具合なので一応LANケーブルを持って駆けつける。

まずはトラブルPCの確認、ケーブルをたどると5ポートハブに繋がっている。
ハブを確認。
1つのケーブルが動作していない。
ケーブルをたどると8ポートハブにたどりつく。
8ポートハブを確認。
ハブ自体が動作していない・・・!

ハブが死んだか?と思いきや、コンセントが抜けているではないか。

コンセントを入れ終了。所要時間1分。

ネットワークトラブルのときはほとんどがLANケーブルか、ハブです。
まずはケーブルがどこかで抜けていないか確認しましょう。