作ったサイトが『BiND&LiVE』今月のピックアップナイスサイトに選ばれました。

長年使っていたお気に入りのマグカップを”ガシャン”と割ってしまってから1週間、「ホームセンターに行ったら新しいマグカップを買わなきゃ」と思っていた矢先、素敵なマグカップが送られてきました。

P1030831

『BiND&LiVEサイトを大募集!』に応募したところ『今月のピックアップナイスサイト』に選ばれたそのプレゼントなのですが、これがけっこうかわいい。

http://www.digitalstage.jp/nicesite/

今回使ったソフトは『LiVE』というソフトなのですが、プレゼンテーションのようなサイトを作るにはもってこいのツールだと思います。

短期間でのインパクトのあるサイトを作るにはお勧めです。

Amazon.co.jp ウィジェット

『Microsoft WebMatrix』でPHPの’xsltprocessor’がfatalエラーになる

WebMatrix

xsltprocessorとはPHP5のXSLT関数なのですが、WebMatrixでは初期でセットされていないようです。

PHP5ははいっていますので、”php.ini”を探ってみました。

WebMatrix のWeb サーバーとして稼働しているのは IIS Express ですので、その中のフォルダにあるはずです。

C:¥Program Files (x86)¥IIS Express¥PHP¥v5.2

これをエディタで開き[ExtensionList]を探すと、1309行目にありました。

最後の行に extension=php_xsl.dll を付け足して保存します。

ただこのファイル、書き込み出来ないようになっていますので、
ファイルを右クリック→プロパティ→セキュリティ→編集→Usersを選択し、書き込みの所にチェックを入れてOK。

これで xsl が使えるようになります。

簡単に動的サイトの開発環境を構築できる『Microsoft WebMatrix』

自分のパソコンなんかでPHPやMySQLなどを使った動的Webサイト、WordpressやEC-CUBE、OpenPNEなどを開発している人の多くは『XAMPP』などを使ってローカル環境へサーバーの環境を構築しつかっていることと思います。

自分もしばらくは、『XAMPP』と簡単なWebサーバーをたてて使っていたのですが、最近ではもっぱら『Microsoft WebMatrix』を使っています。

最近ではもっとも多いのが、Wordpressのテーマなどのカスタマイズなので、サクッと環境作りサクッと作業に入る、というのがやはり理想です。

201110231349

この『Microsoft WebMatrix』けっこう昔からあったような気がするのですが、当時はどちらかと言うと.NETなどの開発用という感じだったような気がします、今ではすっかり様変わりしてとっても便利で高機能な事も出来ちゃうツールです。

自分が良く使うのが『Webギャラリーからサイトを作成する』

試しにWordpressサイトを作ってみると、

201110231354

WordPress 日本語をクリックし、

201110231358

『同意する』をクリック

201110231359

必要な部分を入力『次へ』

201110231361

これでローカルのセットアップは終わり。

URLをクリックすると、おなじみのWordpressのセットアップが始まります。

201110231363

これが終われば、インストール終了。

MySQLなどのインストールが終わっていればここまで”5分”です。

Microsoftなので安心して使えますよ。

Webギャラリーにはこんな動的サイトが用意されています。

ブログ系
・Wordpress(英語・日本語)
・BlogEngine.NET
・Acquia Drupal
・DasBlog
・Mayando
・Subtext
・AtomSite
・MODx CMS
・Composite C1 CMS
・DotNetAge
・Geeklog

CMS
・DotNetNuke
・Umbraco CMS
・Joomla!
・mojoPortal
・Kentico CMS
・Moodle
・Orchard CMS
・N2 CMS
・My Web Pages
・Dropthings
・TangoCMS
・Kooboo CMS
・MonoX
・SQLCMS
・Composite C1 CMS
・SugarCRM
・Tandem Server CMS

eコマース
・nopCommerce
・mojoPortal
・Kentico CMS
・Kartris
・Core Ecommerce Lite
・SplendidCRM
・EC-CUBE

フォーラム
・phpBB
・YetAnotherForum.NET
・OpenPNE

ギャラリー
・Gallery Server Pro
・Mayando
・Gallery
・Azopho

ツール系
・ResourceBlender
・nService
・Piwik

Wiki
・ScrewTurn Wiki
・Tiki Wiki CMS

ダウンロードはこちらです。

【Web制作者向け】Internet Explorer 9 を使ってIE8、IE7の検証をする

今まで、
ひとつのパソコンでIE7とIE8を共存させる方法

Windows7でIE8、IE7、IE6、ついでにIE5.5も使えるようにする(その1)
などで紹介してきたように、Web制作ではどうしてもIEのバージョン検証が必要となってきます。

これはIEのバージョンによってCSSの解釈の違いというか、バグがあるからなのですがけっこうこの検証が厄介です。

そのせいか Internet Explorer 9 には『開発者ツール』というものがついてあり、この中の『ブラウザーモード』でIE9、IE8、IE7それぞれの検証ができるようになっています。

しかしこの機能、自分の周りだけかもしれないのですが開発者で知らない方が多いのに最近気がつきました。

きっとみんな標準でFirefoxを使っているせいだと思うのですが・・・。

20118171295

この機能は”IE9”がインストールされていれば使えます。

サイトを開いて、『F12』キーを押します。

『開発者ツール』が開きますので『ブラウザーモード』をクリックし検証したいIEバージョンを選ぶだけ。

ちなみに今制作中のサイトはこんな感じ、

20118171292 20118171297
IE9、IE8では問題なし IE7ではサイドバー崩れる

まだ10%ほどいるといわれるIE6の方のための検証は、
Windows7でIE8、IE7、IE6、ついでにIE5.5も使えるようにする(その1)
をご参考ください。

IE9はここからダウンロードできます。

http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/downloads/ie

急遽自分の営業サイトを『ID for WebLiFE 』で作った

必要に迫られ、急遽営業内容のあるサイトを作らなくてはならなくなりました。

今まで眠っていたドメインをたたき起し、サイトの構築です。

どちらかと言えばSEOとかより、教えた人向けのあんまり有名になりたくないサイトです。
名刺なんかにひっそり書いておくような感じ。

でもそれなりのものにしたかったので簡単にぱぱっと作ってしまおうと『ID for WebLiFE 』というソフトを使い作ってみました。

2010719535

http://awnet.org

3時間ほどの作業です。

この『ID for WebLiFE 』というソフト、使って4,5年ほどになるのですがFLASHベースのサイトの制作ソフトです。

カートリッジという概念の制作方法で、あらかじめある用途のさまざまなカートリッジを組み合わせカスタマイズして作っていくというもの。

素材を工夫するとなかなか出来栄えの良いサイトが出来上がります。

デスクトップの色をピックアップできるフリーのソフト『Instant Eyedropper』

デザインやWebの制作をしているとき、デスクトップに表示してある画面上の色を知りたい時があります。

よく”スポイトツール”とか”カラーピックアップ”と呼ばれるツールがそうなのですが、今回自分が気に入ってよく使っているフリーのソフトをご紹介します。

『Instant Eyedropper』という外国のソフトなのですが簡単ですので英語でも十分使いこなせます。

まず、
http://instant-eyedropper.com/?ref=ie
からダウンロードします。

2010311322

ダウンロードした InstantEyedropper.exe をクリックしインストールは終了です。起動するとタスクバーにアイコンが表示されます。
2010311316
このアイコンをクリックしながらポイントを色が知りたい場所に合わせます。

2010311320

色のコードが見ることができます。上画面の場合、HTMLでのコード表示ですが使い方に合わせ

HTML
Hex
Delphi Hex
VB Hex
RGB
HSB

を選択できます。

Options で Copy to Clipboard にチェックが入っているとクリックを話した時点でクリップボードにカラーコードがコピーされます。

あとは入力したい場所にペーストすると完了です。

使い勝手がよくスピーディーに作業もこなせますのでお勧めのソフトです。

サイト作成に役立つソフト デスクトップ上のサイズを測れるピクセル定規『Medir』

サイトを制作しているとブラウザを見ながらサイズを知りたい時などがあります。

バナーを制作する時や、BOXを作りたい時などがそうですが、やっぱりアナログ的に定規で測るように知りたい。そんなときに便利なソフトです。

201028284

こんな感じでピクセルを測ることができます。

—————— ダウンロード ——————–

vector からダウンロードすることができます。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se319323.html

デスクトップに出来たファイルを解凍し

201028282

解凍後のファイルの中にある『Rosa.exe』にて使用できます。

201028283

表示解像度のエミュレートや画面のキャプチャ機能なども付いています。

2010213290

このソフト結構昔からあるのですが使いやすいのでいまだに重宝しています。
Windows7 64bit でもきちんと動作してくれています。

ちなみに自分はこのようなフォルダ起動のソフトはドライブの中に『my program』というフォルダを作ってそこに集めています。

ランチャなどを使ってショートカットを作っておくと管理もわかりやすいですよ。