Twitter アプリケーションが「OAuth」認証になった

前からアナウンスがありましたが、ついにTwitterがアプリケーションに「OAuth」を採用しました。

まあ簡単に言うと、WordPressの投稿時にTwitterにつぶやいてくれるプラグイン『Post to Twitter』で紹介した、usemameとpasswordを使った認証方式のTwitterアプリケーションが使えなくなります。

Twitterからはこんなメールが

——————————————————————–

**アップデート その1: アプリケーションへの新しい認証ルール**

2010年8月31日以降、全てのアプリケーションは「OAuth」と呼ばれる認証方式によって Twitterアカウントへアクセスすることが必須となります。

*OAuthとは?

・OAuth とは、アプリケーションがユーザーからのパスワードの入力を必要とせずに、ユーザーの許可によりそのユーザーの保有する Twitterアカウントへアクセス権を取得できる技術です。
・デスクトップアプリケーションとモバイルアプリケーションは一度だけパスワードの入力を求めますが、それ以降のリクエストは OAuth でないとあなたのタイムライン情報の取得やツイートの投稿を行うことができません。

*これが意味するところは?

・アプリケーション側でパスワードを保持することは許可されません
・Twitter.com で Twitterアカウントのパスワードを変更したとしても、そのアプリケーションは設定の変更をせずに継続して利用できます
・このアップデートにより、今まで使ってきたアプリケーションが急にアクセス権の許可を求めたり、アプリケーションが急に動作しなくなったりする可能性があります
・今までアクセス権を許可した全てのアプリケーションは、 http://twitter.com/settings/connectionsにて確認できます
・上記の連携アプリページにおいて、いつでもアプリケーションへのアクセス権を取り消すことができます

 

———————————————————————

 

ということで仕込んであるサイトのプラグイン変更です。

その数20あまり、ひえー。


コメントを残す