メモリを増やしたらやっておきたいこと『ページングファイルを無効にする』

メモリが増えて余裕ができると、ページングファイル(仮想メモリ)が邪魔になってきます。
使用するアプリケーションの量にもよるのですが、大体1G以上のメモリを積んでいればこのページングファイルなしのほうが操作速度が上がります。

このページングファイルとは、足りないメモリを補うため仮想的にハードディスクにメモリの役割をさせる仕組みです。したがってページングファイルを使うということは、遅いハードディスクにアクセスし結果スピードを落とすことにもなっているのです。

——- ページングファイルを無効にする ——–

マイコンピュータを右クリック、『システムのプロパティ』をクリック、『詳細設定』をクリックします。

20091017383

『パフォーマンス』の『設定』をクリック。

20091017384

『仮想メモリ』の『変更』をクリック。

 20091017385

デフォルトでは ”システム管理サイズ” になっていると思いますが、これを ”ページングファイルなし” にします。『設定』をクリックし『OK』で終了です。

再起動後反映されます。

———– 注意事項 ———

扱っているアプリケーションによっては積んである物理メモリでは厳しい場合もあります。その場合は ”ページングファイルなし” ではなく、 ”カスタムサイズ” にします。このときのサイズは ”初期サイズ” ”最大サイズ” ともに推奨のサイズ量を入れましょう。上記の場合は 4605 になります。
また、ドライブが複数ある場合は起動ドライブ(C:)以外、できれば違うハードディスクドライブにすると効果が上がります。


4 comments

  1. こんにちは、buryaako・涼子さん。

    twitterにかまけてしまい、投稿が遅れてしまいましたがwindows98時代からあるチューニングです。
    特にノートPCなどでは効果があると思いますのでお試しください。

  2. こんにちは。
    今回も大変ためになる記事をありがとうございます(^^
    いつも勉強させていただいております。
    まだまだ素人なのですが、やってみようと思います!

  3. こんにちは、MIKAさん、コメントありがとうございます。

    他にもレジストリをいじってチューニングしたりもするのですが、結構危険なのでお勧めはしていません。
    この設定の変更は失敗がないうえにもとにも簡単に戻せますし、何より効果が高いと思います。
    安心してやってみてください。

    また良かったらコメントください。

コメントを残す