フリーの画像編集ソフトGIMPで 選択範囲のコピーを新規レイヤーに貼り付ける方法

まずは ちゃこさんごめんなさい。

せっかくいただいてたコメントが、スパムコメントに紛れてしまっていて気づくのがこんなに遅れてしまいました。
もう2週間以上たってしまっていますので、もはや解決してしまったとは思いますがやらせてください。

デジカメ画像のレタッチ作業なのですが
レイヤーへの貼付けが上手くできません。

例えば赤・青・黄の花の元画像から
赤・青・黄をファジー選択でコピー貼付けで色毎のレイヤー(透明)を作りそれぞれの色やコントラストを調整したいのですが
レイヤーに張付いてくれず悩んでいます。

とのことなのですが、まずは選択した範囲のコピー時の注意点を・・・。

いくつかレイヤーができてくると

20091020414

こういうふうになります。この画像ですと一番上のレイヤーを選択していることになります。いちばん下の背景で選択範囲を作っていても、作業なんかをしているうちに上のレイヤーのでこの範囲をコピーしてしまったりします。
こうなると透明部をコピーしていることになりますので、いくら貼り付けても何も見えないことになります。

では、選択範囲のコピーを新規レイヤーに貼り付ける方法をやってみます。

■■■  選択範囲のコピーを新規レイヤーに貼り付ける方法 その1 ■■■

20091020390

用意した画像にてコピーしたい範囲を選択します。

20091020401

『編集』→『コピー』または『Ctrlキー』+『C』でコピーします。

新規レイヤーを作ります。

20091020403

『編集』→『貼り付け』または『Ctrlキー』+『V』にて貼り付けます。

20091020405

フローティング選択範囲(貼り付けられたレイヤー)が追加されました。

ここで作業領域で何かを始めると自然にこの部分が新規レイヤーに収まります。

20091020406

新規レイヤーはこんな具合になっています。

20091020407

おそらく、この辺でうまくいかないのではと思いますのでもう一つの方法をやってみます。

■■■  選択範囲のコピーを新規レイヤーに貼り付ける方法 その2 ■■■

背景レイヤーを選択していることを確認します。

20091020409

コピーしたい範囲を選択しコピーします。

そのまま貼り付けます。

20091020412

新しいフローティング選択範囲(貼り付けられたレイヤー)が追加されます。

このフローティング選択範囲を右クリックし

20091020413

でてきたメニューの中から『レイヤーを追加』をクリックすると

20091020414

貼り付けられたレイヤーとなります。

この場合注意しなければならないのが、レイヤーのバックを前もって指定しなければならないことです。

初めに新規レイヤーを透明なら”透明”にしておくとその設定で自動的にレイヤーができます。

ややこしくなったら2つ目の方法のほうが確実かもしれませんね。


4 comments

  1. こんばんは、Cat99さん

    さすが、Cat99さんです~\(~o~)/
    律儀で、頼りになる 私の先生~♪
    私の他に、GIMPのお弟子さんが居られたのも
    嬉しいですが、私の場合 まだここまで来てません~(^_^;)

  2. コメントありがとうございます。
    buryaako・涼子さん。

    普段はCOOLを売りにしているのですが、今回はあせりました。
    コメントを見逃すとは・・・。

    buryaako・涼子さんのおかげで、GIMPの記事に質問がよくいただけるようになりました。
    お題をくれたことに感謝です。

    GIMPに限らず何か困ったことがあったら教えてください。

    内容によっては時々人生観を語ったりしてしまいますが・・・

  3. 私の為にUPして下さったんですね。
    ありがとうございました! m(_ _)m

    とても丁寧な説明で
    早速やってみたんですよ! 

    レイヤー 貼付いた! 貼付いた! (*^-^*)♪

    原因は「背景」じゃなく1つ目のレーヤーを選択したまま、ファジー選択を繰り返していた事なんですね~。 
    せっせと透明部分をファジー選択していた
    と言う訳なんですね・・・。 なるほど。

    GIMP 私にはムリだ・・ と半ば諦めていた所でした。
    ありがとうございました♪

    これでまた先に進んでみようと思います。
    次なる問題にぶちあたったら
    また質問してもいいですか?  

  4. こんにちはちゃこさん

    解決できたようで何よりです。

    またなにかあったらご遠慮なくご質問ください。

コメントを残す