Enterキーの無残な姿

”Enterキーが取れて使えなくなってしまった。”と連絡を受け急行。

そこで見たEnterキーはとっても無残な姿をしていた。

SH010026

ちなみに同時期に購入した同じPCのキーは

SH010027

印字は消え、見事に削れ(と言うより溶けているように見える)、薄くなったため割れています。
裏側のプラスチックの爪は割れ、パンタグラフもガタが来ていました。

今まで何百、と言うPCを見てきましたがこんなキーは初めてです。
爪の長いキーパンチャなんかのキーボードは結構荒れてたりしますがこんなにまでなっているのは今まで見たことがありません。

きっと指から塩酸か何かの薬品が出る体質なのでしょう。


2 comments

  1. こんばんは!
    うわぁ~~私も実はENTER KEYが外れてしまったんです。でも、これは凄いですね!!
    私のは外れただけなんですが、近くの大型店に行ったら、修理に3週間かかりますと言われ、パソコンが日常の一部になっている私、諦めて、テンキーのエンターキーを代用しています(泣)

  2. コメントありがとうございます。
    Keyが使えないと不便ですよね。大抵の場合メーカー修理になって2~3週間、2、3万円ぐらいかかるようです。
    今回は外付けで余っていたUSBのフルキーボードでしのいでもらうことにしました。ただノートだと持ち歩きの時に何かと不便だったりしますので、フリーのキー割り当て変換ソフトなどを使ってもらったりします。
    壊れたキーをあまり使っていないキーに割り当てるのですが、レジストリを書き換えたりするので使用にはちょっと注意が必要です。
    あまり持ち歩かないのであればやはり外付けのキーボードが安心ですよね!

コメントを残す