Microsoft Office 環境変数 TEMP のエラー

Wordを開くと環境変数のエラーが出て、使えることは使えるのだが画像が貼り付けれなかったりとなんとなく変。

ということで1台が持ち込まれました。

開いてっ見ると、

2010103651

TEMP、一時ファイルが作れなかったようです。

環境は
・Windows7 64bit
・Office2007
です。

ここでちょっとピンと来たのが、IEの一時ファイル。
以前、余剰メモリの活用としてRAMディスクをいろいろやっていた時、IEの一時ファイルをRAMディスクに移動して不具合ゴ来た時、なぜかOfficeのエラーが出たことです。

ということで思いつきとはいえ、IEを調べてみます。

『ツール』→『インターネットオプション』

2010103652

閲覧の履歴の『設定をクリック』

2010103655

『ファイルの表示』をクリックしてみましたがどうもうまく動作しません。

TEMPファイルをC:\の中に作成し『フォルダーの移動』で移動してみました。

これでなぜかOfficeも解決です。


2 comments

  1. ちなみにですが、、、
    環境変数TEMPをラムディスクにすることで、Googleのブラウザ:Chromeのアップデートとインストールにも失敗します。私は、インストール時だけ、TEMPをC:\tempとかに戻すことにしましたが、
    原因特定にスゴく時間がかかりました。

    なかなか、TEMPまわりは、難しいようですねー^^(とほほ)
    参考になりました。ありがとうございます☆

  2. こんにちはtipsmemoさん。
    自分も以前RAMディスクの活用で紹介しているのですが、
    (OSで認識できなかった搭載メモリをRAMディスクとして使える『RamPhantom3』)
    TEMP関係は、そのパソコンの環境によってうまくいったりいかなかったりするようです。
    また最初は良くてもあとから不具合が出たり、何かのソフトをインストールしたりするとおかしくなったりすることが多いように思います。

    Windows98の頃はよくやってたんですけれど・・・。

コメントを残す