新ジャンルってそういうことだったのか!

ビール、発泡酒、第3のビールと知らず知らず飲んでいた。

今回『クリアアサヒ』のモニタが当たりいろいろ読んでいるうちに結構奥が深いんだなと思った次第です。

第3のビール、新ジャンルというカテゴリはビール、発泡酒に属さないビールに似たアルコール飲料ということらしいのですが、なんでこんなことになったかというとご存じの通り”酒税”です。

そして新ジャンルは麦を主原料としスピリッツを加えたものと、大豆など麦以外のものを主原料としたものの2種類があり、クリアアサヒは麦を原材料に使うことにこだわってるあたりが、まず男気を感じます。正直に言ってしまうとやっぱりビールが飲みたいのですが、クリアアサヒの"クリア”な味は結構いけます。
”これでこの値段なら、こっちのほうがいいや”と感じる方も多いのではないでしょうか。
これを作った方の苦労が目に浮かびます。

しかし飲みながら思ったのですが、こういった企業の努力を政府はどう思っているのでしょうか?
発泡酒のとき売れるとわかったとたん税金を上げ、軽油だってそうだし他の税金だってそう。酔ってるせいもあるが言ってしまえば知恵も努力もありません。
ただ”ふんだくり”をやってるだけのように思えてしかないのですが。

まあ、庶民の自分はこうやっておいしいビール、いや新ジャンルを飲めればそれだけで幸せです。


コメントを残す