「iOS 10.2」公開。シャッター音が小さくなったのとスクリーンショット時が無音にできるようになった。

「iOS 10.2」公開

iOS 10 にアップデートしたらiPhoneのカメラのシャッター音が大きくなったような気がする
iOS 10 にアップデートしたiPhoneのカメラのシャッター音を物理的に下げてみる

で苦労していろいろやっていたシャッター音の消音化ですが、ようやく「iOS 10.2」で解消されたようです。

カメラのシャッター音は以前と同じくらいまで下がり、スクリーンショット時のシャッター音はサイレントモードにすると無音になります。

これで電車の中なんかでのスクリーンショットがしやすくなります。

iOS 10 にアップデートしたiPhoneのカメラのシャッター音を物理的に下げてみる
でせっかく作ったスピーカーのフタは気に入っているので使っていこうと思っています。

iOS 10 にアップデートしたiPhoneのカメラのシャッター音を物理的に下げてみる

iOS 10 にアップデートしたらiPhoneのカメラのシャッター音が大きくなったような気がする

でバグを利用したシャッター音の消音をしましたが、やはりアップデートで修正になってしまいました。

そこでiPhoneケースのスピーカーの穴をふさぎ物理的に音を下げる方法を試してみました。

難易度:★★☆☆☆
—————————————————————

用意したのが『おゆまる』、お湯に入れて自由に形を変えることができる粘土です。

おゆまる

おゆまる

まずは適当な大きさに切ります。

適当な大きさに切ります

適当な大きさに切ります

80℃のお湯につけ柔らかくなったらiPhoneケースに押し付け型を取ります。

iPhoneケースに押し付け型を取ります

iPhoneケースに押し付け型を取ります

冷えたらはがします。

冷えたらはがします

冷えたらはがします

カッターで整形します。

カッターで整形します

カッターで整形します

出来上がり

出来上がり

出来上がり

ケースを外してうまくやれば穴の反対側に返しを付け、引っ掛かりで固定できそうなのですが、自分の場合つけっぱなしになるので両面テープでくっつけてしまいました。

肝心のシャッター音は1/4ほど、iPhoneケースなどにもよると思うのですがかなり小さくなりなりました。

使わなくなったiPhone5をドライブレコーダーとして復活させてみた

使わなくなったiPhone5があったのでドライブレコーダーとして使ってみました。

使ったアプリは『Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー』

Safety Sight-接近アラート&ドライブレコーダー

無料で内容もなかなかのものです。

問題はどうやって車につけるか。

いろいろやった結果、ワイドレンズを使い録画範囲を広げ、マグネットホルダーを使いフロントガラスに装着に落ち着きました。

難易度:★★★☆☆


まずは用意したもの、

クリップ式広角レンズ(セルカレンズ) ワイド撮影

iPhone 5 透明 クリア ケース

車載ホルダー マグネット式 スマホスタンド

—————————————————————

まずはケースとレンズを加工して、『レンズ一体スマホケース』を作ります。

レンズとケース

レンズとケース

本来はこうやって使いますが、レンズのクリップとケースを加工し接着します。

レンズのクリップとケースを加工し接着

レンズのクリップとケースを加工し接着

レンズとiPhone装着

レンズとiPhone装着

マグネット式スマホスタンドの位置を決めプレートを貼ります。

位置決め

位置決め

プレート貼り付け

プレート貼り付け

マグネット式スマホスタンドをフロントガラスに取り付けます。

マグネット式スマホスタンドをフロントガラスに取り付け

マグネット式スマホスタンドをフロントガラスに取り付け

外から見ると

外から見ると

マグネットなので使わないときは簡単に外せます。

アルファードに『Bluetoothオーディオレシーバー』導入、iPhoneの音楽がワイヤレスで快適

今まで何度か失敗してきた『iPhoneの音楽』ワイヤレス化。

前回の失敗はこれ、アルファードでiPhone5のミュージックを聞けるようにしてみる
雑音が多すぎて音も小さく断念です。

それからはこのようにケーブルをまわしプラグを利用してました。

アルファードでiPhone5のミュージックを聞けるようにしてみる (その2)

今回のチャレンジは『Bluetoothオーディオレシーバー』、車とはAUXでつなぎ、iPhoneとはBluetoothでつながります。

用意したのは、
『ELECOM Bluetoothオーディオレシーバー』

ELECOM Bluetoothオーディオレシーバー

ELECOM Bluetoothオーディオレシーバー

前回、拡張や増設を考えて助手席グローブBOXにAVケーブルの端子を置くようにしていましたのでこれを利用します。

シガレットソケットを助手席グローブBOX内に増設し『Bluetoothオーディオレシーバー』を差し込みます。

設置したソケットBOXとBluetoothオーディオレシーバー

設置したソケットBOXとBluetoothオーディオレシーバー

あとはiPhoneと接続して終わりです。

若干音が薄くなった気がしますが、おおむね良好です。

なんせいちいちiPhoneにプラグを付けたり外したりのわずらわしさから解放されました。

iOS 10 にアップデートしたらiPhoneのカメラのシャッター音が大きくなったような気がする

iPhone7の発売にあたりiOSも10にアップデート。

ホームボタンをはじめいろんなところが変わっているようですが、どうしても気になっているのがカメラのシャッター音。
気のせいかもしれませんが大きくなったような気がする。

そこでちょっと裏技的な設定をやってみます。

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『AssistiveTouch』を開きます。

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『AssistiveTouch』を開きます。

『設定』→『一般』→『アクセシビリティ』→『AssistiveTouch』を開きます。

『最上位メニューをカスタマイズ』を開きます。

『最上位メニューをカスタマイズ』を開きます

『最上位メニューをカスタマイズ』を開きます

『-』でアイコンを削除し『カスタム』アイコンのみにします。

『-』でアイコンを削除し『カスタム』アイコンのみにします

『-』でアイコンを削除し『カスタム』アイコンのみにします

このアイコンをクリックし『消音』を選択、『完了をクリック』します。

『消音』を選択

『消音』を選択

アイコンが『消音』になっています。

アイコンが『消音』になっています

アイコンが『消音』になっています

『戻る』で前画面に戻り、『AssistiveTouch』をONにします。

AssistiveTouchをON

AssistiveTouchをON

すると四角いボタンが現れますので、このボタンで音のON、OFFをします。

OFF

OFF

ON

ON

バグのようなのでいつ使えなくなってしまうかわかりませんが、スクリーンショットなども消音できるので便利に使っています。

アップグレードしたMacのBoot Campの『Windows10』でBluetoothが認識されない

MacのBoot Campの『Windows10』でBluetoothが認識されない

MacのBoot CampのWindowsを『Windows10』にアップグレードする

でWindows10になったうちのMacbookAirなのですが、ふと気づくと、Bluetoothが使えなくなっていました。

Bluetoothのドライバ

Bluetoothのドライバ

デバイスマネージャーを見てみるとドライバが認識されていません。

そこで手動でドライバを認識させます。

bluetooth usb host controller

bluetooth usb host controller

認識されていない『Bluetooth Usb Host Controller』を右クリック、『ドライバー ソフトウェアの更新』をクリック。

『コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します』をクリック。

『コンピューター上のデバイスドライバーの一覧から選択します』をクリック。

一覧からデバイスの種類を選択

一覧からデバイスの種類を選択

『次の一覧からデバイスの種類を選択してください。』で Bluetooth を選択、『次へ』をクリック。

インストールするデバイスドライバーの選択

インストールするデバイスドライバーの選択

『このハードウェアのためにインストールするデバイスドライバーを選択してください。』で Broadcom の BCM2033 Bluetooth 2.4 GHz Single Chip Transceiver を選択。『次へ』をクリック。

ドライバの更新警告が出ますが、『はい』をクリック。

『ドライバソフトウェアが正常に更新されました』で終了です。

bluetooth復活

bluetooth復活



MacのBoot CampのWindowsを『Windows10』にアップグレードする

Mac Boot Camp Windows10

Mac Boot Camp Windows10

MacのBoot Campに『Windows8』をインストール
でMac Book AirでWindowsを使えるようにしたのが3年前、現在はWindows8.1になっています。

今回はそのWindows8.1を『Windows10』にアップグレードです。

『windows10の予約』はしていたのですが、いつになるかわからないので『Windows 10 のダウンロード』から『メディア作成ツール』をつかってWindows10を入手します。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10 のダウンロード

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

『ツールを今すぐダウンロード』をクリックで『メディア作成ツール』をダウンロードします。

メディア作成ツール

メディア作成ツール

ダウンロードした『メディア作成ツール』をクリックで開始です。

ほとんどやることがありませんでした。

実行する操作を選ぶ

実行する操作を選ぶ

実行する操作を選びます。
今回は『このPCを今すぐアップグレードする』を選択しました。
Windows10のインストールメディアを作成するときは、4GB以上のUSBかDVDを用意し『他のPCようにインストールメディアを作る』を選択します。

Windows10のダウンロード

Windows10のダウンロード

『次へ』をクリックするとWindows10のダウンロードが開始されます。

環境にもよりますが、自分の場合は10分ほどでダウンロードできました。
今回問い合わせが多かったのはこの『ダウンロードが追わらない』で、なぜか77%でとまってしまうという現象がありました。
原因は分からないのですが何度か最初からやってもらうことで、何度目かにはうまくいっているようです。

Windows10のメディアを作成

Windows10のメディアを作成

更新プログラムをダウンロードしています

更新プログラムをダウンロードしています

あとは、『次へ』、『同意する』、『情報の更新』などをクリックし進んでいきます。

インストールの開始

インストールの開始

『インストール』でWindows10のインストールの開始です。

Windows10をインストール

Windows10をインストール

Windowsをアップグレードしています

Windowsをアップグレードしています

Windows10セットアップ

Windows10セットアップ

『次へ』、『簡単設定を使う』、『次へ』で進むと終了です。

Windows10セットアップ終了

Windows10セットアップ終了

これでMacのBoot CampでWindows10を使えるようになりました。



通勤バッグを新調 というわけでPC用にインナーバッグを購入

楽天セールも終わり、次々と商品がやってきます。

というわけでとりあえず新調した通勤バッグがこれ。

ラルフローレン トートバッグ

ラルフローレン トートバッグ

これに汚れ防止と撥水のために防水スプレーして使います。

そしてPC持ち歩きようにインナーバッグを購入

エレコム Ultrabook用小物収納ケース

エレコム Ultrabook用小物収納ケース

MacBook Air とUSBメモリ、マウスなどを持って歩くのでそれ用です。

MacBook Air がぴったり

MacBook Air がぴったり

13インチのMacBook Airが驚くほどぴったりでした。

持ち手もついていますのでこのインナーバッグだけでも持ち運びできます。

ラルフローレンのバッグに入れるとこう

ラルフローレンのバッグに入れるとこう

これで通勤が楽しくなりそうです。


何度も落ちてた車のスマホスタンドが、ゲル状の車載用吸盤スタンド吸着盤ベースでバッチリ!

iPhone6になって大きくなってしまったからなのか、車のダッシュボードに取り付けていた吸盤タイプのホルダーがしょっちゅうはがれて落ちてしまいます。

そこで『吸盤ベース』というのを買ってきたのですが、ちょっと失敗。

ヤックの吸盤ベース

ヤックの吸盤ベース

金属製で長持ちしそうなのですが、ダッシュボードが球面なので浮いてしまうのと真っ黒なので色が目立ちすぎてしまいます。

そこで探して見つけたのが、『(フォーアクシーズ) 4axes 透明 強力 ゲル吸盤シート 車載用 吸盤スタンド 吸着盤ベース 取り付けシート 』。
ゲル状で柔らかく、透明なのでダッシュボードに張り付けても目立ちません。

4axes 透明 強力吸着盤ベース

4axes 透明 強力吸着盤ベース

耐久性に不安がの取りますが、安定感はバッチリです!

4axes 透明 強力吸着盤ベース

4axes 透明 強力吸着盤ベース

これで走行中にスマホホルダーがはがれで落ちることもなくなりました。

合わなかったけど安心感の

またまた iPhone6 のバンパー購入

iPhone6購入 早速恒例の保護シール貼りとバンパーを装着してみた

で購入した『Spigen ネオ・ハイブリッド EX』ですが2か月ほどで壊れてしまいました。

壊れた Spigen ネオ・ハイブリッド EX

壊れた Spigen ネオ・ハイブリッド EX

とっても気に入っていたので再度同じものを購入しようかと思っていたのですが、どうやら同じように壊れるのが多発しているようです。

そこで今度は同じSpigenの『ネオ・ハイブリッドEX メタル 』

Spigen ネオ・ハイブリッドEX メタル

Spigen ネオ・ハイブリッドEX メタル

楽天MVP受賞店【ハイブリッド構造がもたらす耐衝撃性能+ダイヤカッティングが美しい】【レビュ...

楽天MVP受賞店【ハイブリッド構造がもたらす耐衝撃性能+ダイヤカッティングが美しい】【レビュ…
価格:3,990円(税込、送料込)

 

ちょっと値段は高くなりますが、アルミでできていますので強度は期待できそうです。

仕様は『Spigen ネオ・ハイブリッド EX』と同じ2パーツからできていて、内側がソフト、外側がハードなアルミ素材でできています。

だだ装着はかなり大変でした。

ネオ・ハイブリッドEX メタル 装着

ネオ・ハイブリッドEX メタル 装着

ネオ・ハイブリッドEX メタル 側面

ネオ・ハイブリッドEX メタル 側面

ネオ・ハイブリッドEX メタル 側面下側

ネオ・ハイブリッドEX メタル 側面下側

お気に入りだった白いい色はなかったのですが、ちょっとかっこよくなりました。

iPhone6購入 早速恒例の保護シール貼りとバンパーを装着してみた

先週、待ちに待ったiPhone6が来てからネットで良さそうな保護シートとバンパーを購入。
ようやくそろったので装着してみました。

購入したのは、『PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch』

PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch

PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch

米国軍事規格素材使用の全面用衝撃吸収フィルムで前後面セットです。

自分の場合、バンパー愛好者なので背面も必要です。

そしてバンパーが、『Spigen ネオ・ハイブリッド EX』

Spigen ネオ・ハイブリッド EX

Spigen ネオ・ハイブリッド EX

【11/1 10:00〜11/5 1:59 ポイント10倍】【iPhone6 ケース】Spigen ネオ・ハイブリッド EX【アイフォン6 ケース バンパー】【iPhone6 カバー】【アイフォン6カバー】【シュピゲン】【Apple】10P01Nov14

【11/1 10:00〜11/5 1:59 ポイント10倍】【iPhone6 ケース】Spigen ネオ・ハイブリッド EX【アイフォン6 ケース バンパー】【iPhone6 カバー】【アイフォン6カバー】【シュピゲン】【Apple】10P01Nov14
価格:3,590円(税込、送料込)

iPhone6は側面が球面なのでフィルムもバンパーも選択には悩みました。


衝撃吸収フィルムを貼った感じは

PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch

PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch

PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch

PATCHWORKS USG Tough Shield Full Body for iPhone 6 4.7inch

側面まで保護してくれます。

バンパーの『Spigen ネオ・ハイブリッド EX』は2パーツからできていて、内側がソフト、外側がハードな素材でできています。

Spigen ネオ・ハイブリッド EX

Spigen ネオ・ハイブリッド EX

Spigen ネオ・ハイブリッド EX

Spigen ネオ・ハイブリッド EX

スリムでいながら保護能力も高そうです。
ボタンの操作性もよく、ちょっと大きめのLightningケーブルも問題ありませんでした。

厚みがあります

厚みがあります

Lightningケーブル装着

Lightningケーブル装着

カメラの出っ張りもバンパーの厚みでカバー

カメラの出っ張りもバンパーの厚みでカバー

何よりスタイリッシュでかっこいいのがお気に入りです。

Windows8からWindows8.1へのアップグレードでメモリが搭載量より少なく認識される

Mac book Air の BootCamp環境にインストールしてある Windows8 をWindows8.1 へアップグレードしたのですが、どうやらメモリがうまく認識されていません。

Mac book Air のメモリは4Gb、システム情報を見ると
実装メモリ(RAM):4GB(利用可能2.1GB)
となっています。

何とか4GB利用したいので解決方法を・・・。

20131026025

『コントロールパネル』→『管理ツール』→『システム構成』→『ブート』→『ブート詳細オプション』を開き、『最大メモリ』にチェックを入れます。

『OK』をクリック、再起動。

再度、『ブート詳細オプション』を開き、『最大メモリ』のチェックをはずします。

『OK』をクリック、再起動。

これで、全メモリを使うことができるようになりました。

『マッハドライブ』が原因かもしれませんが、同じような症状が出た場合は試してみてください。

『AppleWirelessKeyboardHelper』を現行『Apple Wireless Keyboard 』MC184J/B で使う

『AppleWirelessKeyboardHelper』、新しい『Apple Wireless Keyboard 』MC184J/Bでは動かないことを記事で書いたのですが、これを対応させるにはソースの再ビルドが必要になります。

再ビルド

『TortoiseSVN』と『Visual C#』をつかっておこないますが、けっこう敷居が高いため記事にするのをためらっていたのですが、この再ビルドファイルを配布しているサイトがあるようですのでそちらをご紹介することにします。

http://ww24.jp/devenv/apple-wireless-keyboard-windows

以前はこのファイルを配布しているサイトはなかったように思いますが、2013年になってからの登場のようです。

『AppleWirelessKeyboardHelper』が現行『Apple Wireless Keyboard 』MC184J/B で使えないという方はお試しください。

『AppleWirelessKeyboardHelper』の突然のエラー『スクリプトを読み込み中にエラーが発生しました。』

Apple Wireless Keyboard を Windows で使う で紹介した『AppleWirelessKeyboardHelper』ですが突然『スクリプトを読み込み中にエラーが発生しました。』ということで動作しなくなってしまいました。

Default.py のエラーのようでネットで調べてみると、Master Volume Control 部のエラーのよう。

# Master Volume Control 以下4行を削除して使ってみると、無事動作しました。

20139124769

そういえばこの『AppleWirelessKeyboardHelper』、新しい『Apple Wireless Keyboard 』MC184J/Bでは動かなかったりしていて、その記事も書くのを忘れていました。

ソフトバンクの iPhoneアプリ「お父さん性格診断」で遊んでみた

アイヌ犬つながりで何かと親近感のある白戸家のお父さん。

ソフトバンクの”お父さん”とおんなじ犬種なんだけどな

そのお父さんが診断してくれるとなるともうやってみるしかないのです。

さっそくアプリをダウンロードして起動すると、好きな色を聞いてきます。

自分は黄色を選択するとテーマカラーが黄色になりました。

IMG_0590

自分を診断で質問が始まります。

IMG_0588

はい、いいえ、どちらでもない、を選択していくと診断結果がでます。

IMG_0586

結果は『目指すは社長?オラオラ系アニキ』

FCが高くてACが低い、手っ取り早く言うと自由奔放、マイペースですな。

そもそもこの診断、『ディグラム診断』というのがベースになっているようです。
興味がある方は本など出ているようですよ。

 

皆さんもぜひやってみてはいかがでしょう。

お父さん性格診断アプリのダウンロードはこちらから

 PCからのダウンロードはこちら

 

Ripreモニターに参加中

食べたもの、美味しいものをフォトで共有するiPhone/Androidアプリ『Piccious(ピクシャス)』

簡単に食べたもの、おいしいものを共有できる『Piccious(ピクシャス)』というアプリです。

食べたものを写真にとってアップするだけで”おいしいもの”をみんなで共有できたり、自分の『食べたもののカレンダー』が出来上がります。

使い方も簡単、アプリをダウンロードしてログインするだけ、ログインにはTwitter、facebook、メールを選ぶことができます。

IMG_0199

ちなみに自分はTwitterでログインしてみました。

IMG_0203写真を撮って、

IMG_0204ライブラリから投稿!

IMG_0206成功です!

おいしい料理をみんなに教えてリアクションを楽しむほかにも、日々の食事が気になる方には自分の食事管理なんかにも利用できそうです。

2/12からですが、投稿で豪華賞品が当たる「バレンタイン投稿コンテスト」が始まるようです。

ぜひこの機会にどうでしょうか?

Picciousはこちらから

 

Picciousキャンペーンに参加中

みんなとファッションでSNSする『FUKULOG』がスマホアプリになった

PCで好評のファッションSNS『FUKULOG』がアプリになったとのこと。

IMG_0168

『FUKULOG』はみんなのファッションアイテムやコーディネイトをシェアするSNS、みんなが投稿したアイテムやコーディネートを参考にしたり、自分のファッションを投稿したりすることができます。

IMG_0169 IMG_0170 IMG_0171

使ってみた感じは、コーディネイトの多くとっても見やすいのでスマホなどの小さな画面でもストレスがたまることがありません。

世界中のCoolなファッションを楽しむにはもってこいのアプリです。

このアプリ使ってみたい方はこちらからどうぞ

iPhoneの方はこちら

Androidの方はこちら

 

 Ripreモニターに参加中

アルファードでiPhone5のミュージックを聞けるようにしてみる

自分のアルファードには、CD、MD、AV入力と100V電源がありiPhone5からのミュージック入力もいろんな選択肢がありそうです。

でもやっぱりやってみたいのはワイヤレス、BluetoothでのFMトランスミッタです。

BluetoothでiPhoneとつなぎ、カーオーディオのFMラジオから音を流すという仕組みです。

そこで今回買ってみたのが、

J-Force Bluetooth対応ワイヤレスFMトランスミッター <JF-BTFM2K>
USBもついていて充電もできます。

IMG_0016

シガレットに差し、iPhone5のBluetoothをONにしペアリングし、

IMG_0018

FMラジオの周波数を合わせます。

IMG_0019

これで聞けるようになるのですが、やっぱり音が今一つでした。

気にならない人もいるのでしょうが、やっぱりアルファードもうチョイこだわってみたい。

『iTunes 12 DAYS プレゼント』

iTunes Store を開いたらこんなバナーが、

201212224540

クリックすると、

201212224539

12月26日からプレゼントをもらえるらしい。

この無料プレゼントをもらうにはアプリをダウンロードする必要があるみたいなので iPhone の App Store からダウンロードです。

 

楽しみ!

自分の運気が分かるiPhoneアプリ『天冲殺チェッカー』

Ripreさんから『天冲殺チェッカー』というiPhoneアプリをいただきました。

IMG_0041

しかし『てんちゅうさつ』とは懐かしい響きです。

この『天冲殺チェッカー』自分の誕生日を登録しておくと、『今日の運気』・『今月の運気』・『今年の運気』・『指定日の運気』をグラフ仕立てで見ることができるというもの、ちなみに自分の運気を調べてみると・・・

IMG_0043

こんな風に「おお!今週は上がり調子!」なんてわかることができます。

運気リズムは12あるようでその中の『危険期』、『沖殺期』、『忍耐期』を天冲殺というらしいのですがこの天冲殺の期間は気を付けましょうということですね。

以前病気で倒れ救急車で運ばれたことがあるのですが、気になって調べてみると、

IMG_0044

思いっきり天沖殺ど真ん中でした。

有料のアプリになりますが、ご自分の運気、気になる方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

『天沖殺チェッカー』はコチラ

Ripreモニターに参加中