WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【準備編】

WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【概要編】
の続きです。

Windows7のアップグレードで気をつけなければいけないのは使ってあるアプリケーションソフトが引き続き使えるかどうかになります。

これは『Windows 7 Upgrade Advisor』で調べることができます。

Windows7アップグレードを買ってしまう前にやっておきたいこと(その2)

Windows7ではこれまでのWindowsに標準で付いてきたメーラーが付いてきません。(WindowsXPでは Outlook Express、WindowsVistaでは Windows Mail)

そこでメーラーを『Windows Live メールl』に移行しておきます。

———- 【メーラーの変更】 ——————

まずは、

http://download.live.com/wlmail

からダウンロードしインストールします。

インストーラーが開いたら、『メール』を選択して、[次へ]をクリックします。

インストールが完了したら、 Windows の [スタート] メニューの [Windows Live] にて使うことができるようになります。

201019479

メッセージやアカウントなどはインストール時に自動で移行されますが、フォルダが変わってしまったりする場合があります。

【参考】マイクロソフトサポートオンライン

———- 【DATAのバックアップ】 —————-

各ソフトのバックアップを取ります。

今回は使用中のドライブの中に”バックアップ”というフォルダを作りその中に各バックアップデータを入れました。
(現使用中のハードディスクの中にデータを置く場合は、データを取り込む際に接続する手段が必要となります。接続手段がない場合は、外付けHDD、USBメモリ、CD、DVDなどに保存しましょう。)

ほかのデータはWindows7にアップグレード後、外したハードディスクを変換ケーブルでUSBにつなぎ、外付けハードディスクとして移動させます。

Windows Liveメールでは「ファイル」→エクスポートがバックアップと同じことになります。メッセージとアカウントがありますのでそれぞれエクスポートしておきます。

2010110462

これで準備は終わりです。

ハードディスクを交換してのアップグレードの良さは、外したハードディスクにデータが残っていることです。
なんかあった時などはハードディスクを付け替えると、元の環境に戻すこともできます。
ただし、ハードディスクがくたびれていたり、外した後外付けハードディスクとして使ったりしてしまうとWindowsが起動しなくなっていたりしますが・・・。

次回はいよいよハードディスクの交換です。

WindowsXP→Winows7へのアップグレード移行シュミレーション【概要編】

WindowsXP から Windows7 へのアップグレードの例をシュミレーションしてみました。一番相談の多いパターンを例にシュミレーションしています。

【内容】
・WindowsXPからWindows7へのアップグレード。
・同じパソコンでのアップグレード。
・メールやデータは残すが、アプリケーションを含め新規で構成したい。

※2.3年以上のパソコンを想定し、新品のハードディスクへの入れ替えをします。

【用意したもの】
1.交換用内臓ハードディスク(パソコンに合った規格のものをご用意ください)
2.ハードディスク→USB変換ケーブル
P1010111

【環境】
パソコン:Mebiusノート PC-GP-10-BM
CPU AMD 1.3GH
メモリ 1GB
OS:WindowsXP → Windows7 プロフェッショナル 32bit

—– 【作業手順】 ———————————-

1.既存のWindowsXP環境で使用ソフトの変更とバックアップ。
2.ハードディスクの交換
3.Windoiws7のインストール
4.使用ソフトのインストール
5.バックアップのインポート

このような感じになります。

DATAの移行などもいくつかのやり方はあるのですが今回は応用のききやすいやり方を選択しました。

それでは複数回にわたりますが、進めていきたいと思います。

Windows 7インストールしてみた その2

Windows7インストール後、起動までの時間を計ってみた。

OS以外のアプリケーションはインストールする前の起動時間になります。

デスクトップの表示まで56秒、内BIOSにかかった時間が約20秒、早いです。
実験の結果、RAIDで使用するハードディスクが3つの時は 1分 2秒、ハードディスクが2つの時は 1分 10秒、RAIDなしのときは 1分 28秒でした。

RAIDを構築することでBIOSを消化するのに若干時間が余計にかかってしまいますが、 Windowsの起動が速くなりますので結果、起動までの時間は速くなります。

詳しいベンチマークはやってありませんが”Windows エクスペリエンスは次の通りです。

20091117019

一番低いスコアがハードディスクの6.0でしたのでSSDの導入などでパフォーマンス向上の期待がもてます。

とは言うもののインターネットエクスプローラーの起動などかなりの軽快感があり、パソコンライフも楽しくなりそうです。

Windows 7インストールしてみた その1

発売から半月がたち、いろいろと実験をしていたのだが、そろそろWindows7に切り替えようとマシンを決めてインストールをすることにした。

今回の決め手は四つのハードディスクを使ったRAID0、本当はSSDにて構築しようと考えたのだが、ちょっとお高いのでたまたま手元にあった同種のハードディスクを利用した。

P1010091 

————————————————————————–

■マシンスペック

CPU:Core2 Duo E8500 3.16GHz
RAM:PC2 6400 8GB
MB:GIGABYTE EG45M-UD2H
GC:HIS H467QS512P 512MB 128bit
HD:HITATI 80GB 7200rpm × 4 RAID0

バリバリのスペックではありませんが、家にあったパーツの最新のもので構成しました。

■OS

Windows7 Professional UPグレード優待パッケージ 64bit

————————————————————————–

今回はまっさらなハードディスクに新規イストールをしようと思ったんですが、ちょっと戸惑ったことがありました。

UPグレードの場合、そのまま新しいOSをインストールできず先にアップグレード対象となるOSをインストールしておかなければいけない、ということです。

つまり今回の場合、初めに旧OSをインストールしてから新たにWindows7をインストールすることになります。

—————————————————————————

■Windows 7 のインストール

RAIDに関してはMBのBIOSにてセットを済ませてありますので、Windows7 インストール中の作業はありません。

まずはアップグレード対象となるOSをインストールします。
今回は Windows Vista Home Basic 32bit を選択しました。

インストール終了後、Windows7 インストールディスク(今回は64bit)を挿入しPCを再起動します。

P1010055

読み込みしたあと、

P1010057

こんな感じで新OSを垣間見ることができます.

あとは、表示に従いインストールしていくだけです。

P1010058 P1010059 P1010060 P1010061 P1010062 P1010063 P1010064 P1010065 P1010066 P1010067 P1010068

P1010069

実に簡単にトラブルもなく終了しました。

Vistaインストール合わせて2時間弱でした。

Windows7アップグレードを買ってしまう前にやっておきたいこと(その2)

Windows7アップグレードを買ってしまう前にやっておきたいこと(その1)
の続きになります。

今回は自分のパソコンが適応できるのかを調べるツールの紹介です。

Windows 7”との互換性をどれだけ満たしているかを診断できるツール「Windows 7 Upgrade Advisor」がそのツールです。

まずは、

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=1b544e90-7659-4bd9-9e51-2497c146af15

に行きます。

20091027435

『Change Language:』で”Japanese”を選択すると日本語になります。

20091027434

『ダウンロード』でダウンロードします。

20091027436

『保存』してできた”Windows7UpgradeAdvisorSetup.exe”をインストールしましょう。

20091027438

Windows7UpgradeAdvisor を起動します。

20091027440

『確認を開始する』をクリックします。

20091027441

互換性の確認が開始されます。

20091027442

診断の結果が表示されます。

『システム』、『デバイス』、『プログラム』の3つで診断結果が出ます。
32ビット、64ビットでそれぞれで確認できます。

診断結果は

20091031445 20091031443 20091031444

で表示され、必要な確認事項や参考となるリンクなどが表示されます。
(Microsoftのサイト以外はほとんど使えそうにありませんが…)

Windows7アップグレードを買ってしまう前にやっておきたいこと(その1)

やはり最近になって良く聞かれるのが、『Windows7』についての質問。

新品を買うなら文句なくお勧めしているのですが、アップグレードとなると事情は違ってきます。

まず、入れようとしているマシンを聞いて、今入っているWindowsのバージョンを聞いて、どんなソフトが入っているか聞いて・・・。
次にWindows7のエディションを決めて、上書きインストールか、新規インストールかを判断します。

ここまで聞いてしまうと、それだけで難しそうな気がしてしまうかもしれませんが今回のWindows7はデバイスの認識、ソフトの動作も良く、インストールもコツさえつかんでいれば今までのWindowsより”やさしい”と感じています。

アップグレードに関しては Microsoft でいくつかの診断ソフトを用意していたり、参考となるサイトを用意していますので、これらを使って自分で判断できると思います。

■■■ Windows7 のエディション ■■■

まずは Windows7 のエディションを決めるのに参考になるのが、

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/compare

たいていの方は”Home Premium”で大丈夫だと思います。

仕事用途、特にオリジナルのVB6などで作られているソフトなどを利用しているところ、強力なバックアップなどが必要な場合などは”Professional”をお勧めしています。
今回の”Windows7”は”Vista”の時に比べ、用途と機能がしっかりとしていますのでまず迷うようなことはないと思います。

■■■ Windows7 アップグレード時のインストールの方法 ■■■

Windows7をインストールするときに、新規インストールになるのか、上書きインストールになるのかを判断できるのが、

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/upgrade01.mspx

ほとんどの方は新規インストールになるのではないでしょうか。

————————————————-

このMicrosoftのサイトは結構わかりやすいのでぜひ参考にされてはどうでしょう?

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/default.aspx

では次回は、実際の自分のパソコンが適応できるのかを調べるツールを紹介します。

 

NTT-X Store Windows7 はこちら

Windows 7 がやってきた

ついにうちにもWindows7がやってきました。

P1010051

選んだのは『Windows 7 Professional アップグレード版Windows 7発売記念優待パッケージ』です。

今回は、RAID0と64bitという組み合わせで挑戦するつもりです。

Windows7は64bit、32bit同梱ということでどんな具合になっているのか興味があったのですが、なんと

 P1010053

2枚入ってました。
1つが32ビット版、もうひとつが64ビット版と書いてあります。
最初開けた時には”32ビット版”のDVDしか見えず、32ビットしかないのかと心配になったのですが・・・。
重なってました。

ひとまず安心しました。

さあ早速インストールしてみよう!

 

NTT-X Store Windows7 はこちら

Windows7 予約受け付け開始!

10月22日いよいよWindows7の発売です。
Microsoftでの予約受付ではあっというまに売り切れてしまったようで、かなりの人気のようです。

今回一般小売りでも解禁になりあちこちで予約を開始しました。

こうなってくると当然予約特典や値引きが気になってしまうのですが、お勧めは安 心と価格のNTT-X Store です。

2009925302

ちょっとした機能比較表やアップグレード情報などもありますのでご参考にどうぞ。

 

NTT-X Store Windows7 はこちら