近所で強盗殺人事件!

ニュースを見ていてビックリ!
うちの近くで強盗殺人事件が!

10年以上住んでいますが、こんな事件は初めてです。ついつい自分のアリバイを探してしまい『ヤバイ、寝てた』、なんて思ってしまいます。

しかし物騒な世の中になってしまいました。

うちは”おじいちゃん、おばあちゃん”が多い、閑静な住宅街に住んでいるのですが、最近ではナンバープレートが見えなくなってしまっている車や、平気でドリフトしていく車なんかも増え、日本の治安とともにマナーや常識などの低下を感じます。

以前、ファッション雑貨店を切り盛りしていた時代があったのですが、その時にも店員には『万引きは追いかけないように』と注意していました。
理由は危険だからです。十年も前でそうでしたから今ではもっと危険になっているのでしょう。自分の身は自分で守らなければいけない時代なのかもしれません。

まじめで正義感の強い人が被害者になる時代、やったもの勝ちの時代、悲しいですね。

被害者の方のご冥福をお祈りいたします。

マイコンピューターの表示を変える

『マイコンピュータの表示が変』とのことで連絡を受けた。
てっきりアイコンがバグッタのかと思っていたら、表示がなんかの拍子でグループ表示になっていなかった。

通常

WS000027

こうなのが

WS000028

こうなってました。

治し方は、グループ表示にすればよいので、右クリック → アイコンの整列 → グループで表示 クリックでチェックを付ける。

WS000038

これで、グループ表示になります。

WordPressの表示を軽くするプラグイン『WP-Cache』

WordPressの表示を軽くする(タグ変更)の続きで更に表示を軽くしようとWP-Cache 2.0を導入した。

WordPressもそうなのだがCMSは一般のHTMLと違いDBからのデーターを引っ張ってきてページを構成する。HTMLを自動で作るCMSもあるのだが、WordpressではWP-Cache 2.0というPluginがあるのでそれを入れてみた。

まずは、

http://mnm.uib.es/gallir/wp-cache-2/
サイトへ行き、ダウンロードします。

解凍後、プラグインホルダにアップし、プラグインを有効化します。

ほとんど手を加えることはないと思いますが、Expire timeだけを変更しました。

WS073

3600を36000です。これはキャッシュを保持する時間なのですがデフォルトで1時間となっているのを10時間にしました。

キャッシュされると

WS074

このように cached pages にキャッシュされたページ数が出ます。

このプラグインは、キャッシュされていないページが表示されたときキャッシュを生成する仕組みです。投稿時にキャッシュする仕組みと違い、投稿時の負荷が低いと思われます。

気を付ける点では、ページ表示時に何か個別表示するようなプラグインやスクリプトなどはその表示のままキャッシュされてしまう事。
このサイトでは、携帯表示がキャッシュされてしまい、PCで見たときも携帯表示になってしまいました。
どちらを優先させるかはそのサイトで違うと思いますが、ここでは表示を優先させます。

ちなみに”マイかく”では携帯表示を優先させています。

Windows標準のペイント復活の方法

『誤って「アクセサリ」のプログラムを消してしまいました。』との事。

スタートメニューのアクセサリを削除してしまったのだとは思いますが、ファイルが壊れたりして起動出来ない、なんてこともときにはありますので、Windows標準アクセサリ復活の方法を説明します。

まずは、Windows OSの入ったインストールcdを用意します。

 

『スタート』→『設定』→『コントロールパネル』でコントロールパネルを開きます。

WS000016

『プログラムの追加と削除』

WS000017

『Windowsコンポーネントの追加と削除』をクリック。Windowsコンポーネントウィザードを開きます。

WS000024

”アクセサリとユーティリティ”をクリックすると
”アクセサリ”と”ゲーム”が出てきますので、”アクセサリ”のチェックを外します。

WS000020
『OK』、『次へ』でいったんアクセサリを削除します。

WS000025

”コンポーネント追加”はたいていの場合、OSのCDを求められますのでCDを入れ自動起動したらクローズしておきます。

 

今度は上記と同じ作業をして、”アクセサリ”にチェックを入れます。
『OK』、『次へ』でアクセサリ以下が再インストールされます。

 

ちなみに”アクセサリ”と”ゲーム”が出てきたあと”アクセサリ”をクリックすると、更に個別に選択できます。

 

WS000021

WordPressの表示を軽くする(タグ変更)

いろいろと貼り付けものも増え、サイトが重く感じてきたので手を加えることにした。

サイトの表示を軽くする方法にはいくつかあるのだが、サイトのデザインも決まってきたのでテーマの中にあるWpタグを置き換えPHPを通さないで表示させることにした。

効果的なのはやはり表示の多い”header.php”、”footer.php”、”sideber.php”なのだが、このサイトは”sideber.php”は始めから直にコードを書いてあるので変更する必要はない。
特にウィジェットなんかを使っているサイトでは効果的だと思う。

変更するタグは以下

<?php bloginfo(‘html_type’); ?>
htmlタイプ…普通は text/html

<?php bloginfo(‘charset’); ?>
文字コード…UTF-8、Shift_JIS、EUC-JPなど

<?php bloginfo(‘stylesheet_url’); ?>
スタイルシートのパス…http://○○○.com/wp-content/themes/テーマ/style.css

<?php bloginfo(‘template_url’); ?>
テーマフォルダのパス…http://○○○.com/wp-content/themes/テーマ/

<?php bloginfo(‘rss2_url’); ?>
RSS2のパス…http://○○○.com/feed

<?php bloginfo(‘rss_url’); ?>

RSSのパス…http://○○○.com/feed/rss

<?php bloginfo(‘atom_url’); ?>
ATOMのパス…http://○○○.com/feed/atom

<?php bloginfo(‘template_directory’); ?>
テーマフォルダのパス…http://○○○.com/wp-content/themes/テーマ/

<?php echo get_settings(‘home’); ?>
トップページのURL

<?php bloginfo(‘name’); ?>
ブログの名前

<?php bloginfo(‘description’); ?>
ブログの内容

だいたい通常使われているタグはこのぐらいだと思うのだが、”header.php”、”footer.php”にあるこれらを書き換えPHPを使わず表示することで
PHPによる呼び出しの負荷を減らそうという考えだ。

ブラウザ表示のソースと比べながら変更していくとやりやすいと思う。
SEOなどのプラグインでmetaを自動で生成している場合などは、descriptionなどを変更してしまうと自動で変わらなくなってしまうので、そのような場合は自動生成場所は変更しないように注意してくだい。

これでちょっとは軽くなるかな?

久々にバイクに乗ってきた

1年ぶりにバイクに乗ってきた。
トライアルという種類で、山の中に作ったコースを上手に走る、と言うスポーツです。

自分ではありませんが

DSCF0085

こんなふうに丸太を越えたり

P8200215

こんなふうに岩を飛んだりします。

昔は毎週のようにやっていたのですが、最近ではめっきり余裕がなくなりほとんど行かなくなっていましたが、メタボリック対策でまた行こうかと思っている今日この頃です。

WordPress 2.6 にアップグレード

WordPress 2.6 日本語版がリリースされちょこっと様子を見ていたが大丈夫なようなのでアップグレード。

テストサイトから始まって7つのサイトのアップグレードです。
内2つは大事なサイトなので、バックアップを取ってからの作業です。

昔はいろんな手順などあったのですが、WordPress は優秀なのでマイナーなバージョンアップなら苦もなくこなすことができるようになりました。きっと開発している方々の努力があるのでしょう。感謝です。

WordPress 日本語版サイト

Outlook Express でメールを印刷すると、左側が欠ける

Outlook Expressを使っていて受信したメールを印刷すると左側が欠け文字が見えないとの事。

Outlook Expressには印刷のページを設定する機能はありません。やろうと思ったら、プリンターの設定で印刷位置や拡大縮小などはできるのですが、今回のような場合は出力時に既にすでに切れた状態でプリンタにデータが送られますので、どうやってもかけたまま印刷されてしまいます。

で、どうやるかと言うとまず Internet Explorer を開きます。
ファイル → ページ設定 で設定を開きます。

WS069

赤枠の中の『余白』を確認してください。デフォルトでは19.05になっています。

これが何かの拍子に小さくなってしまうと Outlook Expressでも印刷時内容がかけてしまうことになります。
今回は上下左右とも4.05になっていました。

これをデフォルトの19.05になおして『OK』で終了です。

Windows起動時のトラブル、Windowsの起動終了後画面が切り替わり停止する

windows起動ロゴ終了後、画面が切り替わりブルーのスクリーンになってから砂時計のまま進まなくなったり、デスクトップアイコンが表示されてからフリーズしたりします。

この場合ハード関係の不具合は少なく、過去記事で『起動後15分間もPCが使えない』で紹介したようにメモリが少ないことが原因のこともありますが、スタートアップのソフトが壊れたこともあげられます。最近ではセキュリティソフトの場合が多く、いったんアインストールをして再インストールで直ることが多く見受けられます。

新しいデバイスを付けた後起こる場合はいったん外し再起動。

ソフトをインストールした後におこる場合は、セーフモードで起動しアインストールし再起動。

何もしていない場合は、セーフモードで起動し可能背のありそうなスタートアップのソフトを起動しないようにする、またはアインストール。

そのほかでは、windowsのアップデート後などに起きたりします。復元を使います。

セーフモード、復元の手法はこちらを参考にしてください。

https://mauyas.com/archives/176

ペット紹介

今サブドメインで進めようと思っているのが、ペットのサイト。
自分のペットをあれこれ見せたがりの親ばかサイトです。

完成までにまだかかりそうなので、ちょっと我慢できずにペットを紹介します。

cat

雑種猫、10歳になる♂猫です。
1.5ヶ月でうちに来たのですがどんどん大きくなり今では、”かわいい”と言われる前に”でかっ”と言われます。

dog1

シェルティ、4歳の♀。
生まれつき心臓に遺伝疾患がありうちに連れてきて手術をした金食い娘です。
今ではとっても元気でじゃじゃ馬ぶりを発揮する破壊王となっています。

dog2 

ゴールデンレトリバー、10歳♀。
一応ワーキングドッグでしたが歳のため引退してうちに来ました。
先々月、すい臓の手術をしましたが、ついでに取ってもらった乳腺腫瘍が悪性でこれからの金食い娘となりそうなダークホースです。

みんな元気すぎて我が家では”コラッ”という叫び声がたえません。

サミットからようやく解放された

7月に入ってからは思いっきりサミット漬けの10日間でした。
メディアセンターの裏方の裏方さんとしてお手伝いしましたが、泊まるところなし、休みもなしで毎日5時から22時のハードな毎日。まあ福田首相とかファーストレディの方々とか有名人も見れたのでそれで良しとしておきます。

いろんな国の方々もいて大変参考になります。やはり日本人とドイツ人は勤勉ですね、きちっと仕事してました。自分も日本人なのできちっと仕事してましたよ。

と言う訳で、写真なんか全然撮れなかったので、パスケースと最後にいただいたうちわです。記念にもらってきました。

P1010063

Windows起動時のトラブル。Windowsのロゴ表示で停止し起動しない。

これは主にWindowsのベースになるプログラムに不都合が生じた場合に発生します。
新しいデバイスを付けた後や初期起動するソフトをインストールした後、何もしてない場合は、ハードディスクの不具合などにより○○○.dllなどWindowsシステムが読み込まれないと起こります。

ー復帰手順ー

まずやってみること

1.ほとんどの場合、キーも受け付けません、電源長押しなどで強制終了します。
2.電源を抜く、(ノートの場合はバッテリーも抜く)10分ほど放置。
3.電源を戻し起動。
 (軽度の場合や、不具合のケースによっては放電してしまうことによって起動したりします)
4.起動しない場合は強制終了。

「前回正常起動した構成」で起動

1.電源を入れ[F8]キーを連打します。

safemode08

2.上記画面が出たら「前回正常起動した構成」を選択し『Enter』キーを押します。
3.起動しない場合は強制終了。

「セーフモード」で起動

1.電源を入れ[F8]キーを連打します。
2.上記画面が出たら「セーフモード」を選択し『Enter』キーを押します。
3.セーフモードでWindowsが起動したら『システムの復元』にて修正します。この場合、1日前とかよりも1週間ほど前の方が成功率は高いように思います。
4.『システムの復元』は スタート → プログラム → アクセサリ → システムツール → システムの復元 です。

以上で復旧しない場合

Windowsを上書きインストールにて復旧させたりしますが、メーカーリカバリCD、DVDなどは新規インストールしかなかったりリスクを伴います。
復旧してもすぐ再発したりしますので専門家に見てもらうことをお勧めします。

カツカレー パニック!

今日の昼、同僚と近にランチに出かけた。
一人がそばセットで、自分ともう一人がカツカレーを頼んだ。

しばらくして『お待たせしましたー』とカツカレーが運ばれてきたが、一目で自分のカツカレーにカツがないことが判明。
3人同時に『これ違うよ!』と抗議。
一旦下がってカツが乗っかってきたのだが、いざ食べようとすると付いてきたのが”はし”と”れんげ”中華じゃあるまいし・・・。

最近普通のことが普通にできない人たちが増えているような気がする。
店なんかもおそらく経費節減なのだろうが、質の低下が見受けられるようになってきた。

TVでもバカさ加減がもてはやされる時代なのだからしょうがないのかもしれないが、演じるバカと正真正銘のバカとは違うと思うし、一般の社会ではやはり一定レベルでの水準は満たしてほしい。

いったい世の中は、これからどうなっていくのだろか?

黒い画面に文字が流れ停止してしまう。Windowsの起動ロゴ手前で停止してしまう。

障害の種類は大きく分けて2つになります。
1つはハードディスクそのものが認識されていない、もう一つはCDやフロッピーディスクなどのディスクが読まれている、またはハードディスクの破損です。

『Non-System Disk or Disk error, Replaece and press any key when ready』

の場合まずはCD、フロッピーなどのディスクが入っていないか確かめましょう。入っている場合は取り外して起動し直します。
そうでない場合はハードディスクのDATAが壊れています。起動は難しくなります。

『DISK BOOT FAILUE, INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER』

の場合はハードディスクそのものが認識されていません。
ハードディスクの破損、ケーブルの破損、マザーボードの破損、マスターorスレーブが間違っているなどありますが、今まで動いていたのならハードディスクかマザーボードの障害になります。
起動させるには破損部の交換、リカバリが必要となります。

Enterキーの無残な姿

”Enterキーが取れて使えなくなってしまった。”と連絡を受け急行。

そこで見たEnterキーはとっても無残な姿をしていた。

SH010026

ちなみに同時期に購入した同じPCのキーは

SH010027

印字は消え、見事に削れ(と言うより溶けているように見える)、薄くなったため割れています。
裏側のプラスチックの爪は割れ、パンタグラフもガタが来ていました。

今まで何百、と言うPCを見てきましたがこんなキーは初めてです。
爪の長いキーパンチャなんかのキーボードは結構荒れてたりしますがこんなにまでなっているのは今まで見たことがありません。

きっと指から塩酸か何かの薬品が出る体質なのでしょう。

パソコンは動いているが画面が黒いまま何も表示されない

大きく分けてパソコンからビープ音が出る場合と出ない場合があります。

— ビープ音が出ない場合 —

圧倒的に多いのがディスプレイ側の不良です。

  • ディスプレイに電気が来ていない。-ディスプレイのコンセントやジャックなどを確認してください。スイッチに不良がないか。
    また、予備のモニタなどがあれば交換してテストしてみてください。
  • ディスプレイケーブル、コネクタの抜け。-ケーブルに断線がないか、コネクタが抜けかけていないか確認してください。

VGAカードの不良

  • VGAカードとは簡単にいえばディスプレイに信号を送るカードなのですが、通常多いのはマザーボード一体型なので確認が難しくなります。
    どちらの場合もPCI用のカードがあれば検証ができます。不良の場合は交換になります。
    電源を切ったまましばらく放置し起動すると(温度を下げる)動作する場合があります。

メモリの不良

  • メモリを刺し直したり、別の正常なメモリと交換して確認します。
  • 不良の場合交換となります。

CPUの不良

  • CPUを交換して確認します。
  • 不良の場合交換となります。

電源の不良

  • 安定電源が供給できていないことが考えられます。
  • 電源ユニットの交換となります。

マザーボードの不良

  • 確認は難しくなりますが、多くの場合コンデンサのふくらみなどで確認できます。特にCPU周りにあるコンデンサが壊れます。
  • 正常なコンデンサ 膨らんで液漏れしているコンデンサ
    13 12

— ビープ音が出る場合 —

マザーボードによって違ったりするのですが、たいていの場合等間隔のビープ音(ピー、ピー、ピー)が続く場合は『メモリ』、『CPU』。
長さの違う場合(ピー、ピ、ピ、ピ)は『カード類』、『スロットル関係』です。

ビープ音がならない場合もありますので上記を参考にしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

このほかにBIOSと言うマザーボード側の制御プログラムが壊れてしまったためにおこる場合がありますが、直そうとして初期化などを失敗するととんでもないことになってしまいます。

あとノートPCの場合ですが、出力が外部ディスプレイになっているときがあります。たいていのノートPC出は『Alt + F8』で切り替えができます。メイン、メイン+外部+外部のローテーションになっていると思います。

パソコンのスイッチを入れても動かない

パソコンのスイッチを入れてもパソコンが動かない。
今まで何の違和感もなく動いていたのに、今日スイッチを押したら動かない。そんな状態を前提として記述します。
この場合、スイッチを入れてもパソコンからは何の音も発生しません。普段点灯しているマークも一切点灯はしません。

— 電気が来ていない場合 —

まずはコンセントを確認してください。99%の確率でこれが原因です。
パソコン周りだけじゃなく延長コードの先までよく見てください。ノートPCの場合は途中のコンデンサも見てください。

コンセントじゃない場合は断線も確認してください。他のコードがあったら取り替えてみてください。

— コンデンサの不良 —

普通はパソコンの動作が不安定になったり、使用中に突然パソコンが落ちたりすることから始まります。大抵はこの段階で判明するのですが、不幸にも突然通電がストップしてしまった場合が当てはまります。
コンデンサの寿命や高負荷によって起こりますがコイル周りの焼き切れやヒューズなどが飛んでしまったときに起こります。

これは電源の交換となります。ノートPCの場合はバッテリーなどとの絡みもありますので一回専門家に見てもらうのがいいでしょう。

— マザーボード —

マザーボードは基盤なのですがこれが思いっきり壊れた場合にこうなります。
最近はほとんど見られないのですが、基盤についているコンデンサが膨れ上がり中の液がもれだすぐらいだとこうなったりします。部品の故障と言うより、液漏れのためにショートしほとんどの重要部品がダメになったりするとここまでになります。

基本的にはコンデンサの交換で治りますが、動かなくなるまでのダメージだと交換した方がいいでしょう。

———————-

パソコンのスイッチを入れてもパソコンが動かない場合、コンセントやコード以外の場合はハード部品の故障が原因です。
パソコンを自作などで使っていてパーツなどが余っている場合はパーツの付け替えなどで原因を探せますが、そのほかは原因を見つけるのも難しいと思います。

過去にあったこの手のトラブルでは、家のブレイカーが落ちていた。と言うのがあります。

投稿記事を任意にカテゴリーのトップに表示してくれるWordPressプラグイン『Adhesive』

カテゴリーなんかで特定のエントリーを常にトップに配置したい時のプラグインですが、Wordpress2.5からはバグがあり、『次のページ』が表示されません。

それでもいいという方のために紹介いたします。
まずはプラグインのダウンロードなのですがかなり前からちょっと探さないと見つけられません。

Download Adhesive plugin   

http://hongkiat.com/blog/wp-content/uploads/adhesive.zip

にありますのでダウンロードできます。(2008.6.4時点)

解凍後、プラグインホルダにアップし、プラグインを有効化します。
投稿画面に”Sticky”と言うのができます。チェックを入れるとそのエントリーが上部に表示されます。

あくまでwordpress2.5では正常動作しない可能性がありますので注意して使ってください。